解約の件 - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

解約の件

2008/04/16 10:31
(
5.0
)

Nicさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『先々のリスクを考慮すると...放棄しててでも止めるべきでしょうか?』につきまして、現在の手取り月収26万円に占める住宅ローンの返済額12万円の割合は46%以上にもなってしまいます。

通常、安心して住宅ローンを返済していくための手取り月収に占める住宅ローンの負担割合としては28%以内となりますので、Nicさんの場合、18%もオーバーしています。

この水準では家計を維持していくことが、相当難しいと思われます。

奥様の収入を合算した場合には、住宅ローンの負担割合は低くなりますが、奥様の収入を見込んだ場合、奥様が出産などで収入が見込めなくなったときなど、途端にに家計が苦しくなりますので、住宅ローンを組む場合はこの点を十分に考慮する必要があります。

Nicさんが住宅ローンを組む場合の適切な負担割合としては、7〜8万円ほどとなりますので、頭金を十分に用意しておかないと、安心して返済していける住宅ローンは組むことは難しくなります。

住居費用として、今支払っている家賃相当額が住宅ローンの返済額に変わるだけのことですから、ここで無理なローンを組むことは禁物です。

住宅ローンを組む場合、これだけ借りられるではなく、この金額ならば無理なく返済していけるということで住宅ローンを組むようにしてください。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

評価・お礼

Nic さん

ご返答有難う御座います。
また、具体的な数字として出して頂き、より自分達の於かれる状況を把握することが出来ました。このままでは家のローンの為に生きてゆかなければならないと実感させられました。高い勉強代でしたが、御教え頂いた数字を基に、今後きっちり頭金など住宅購入の為の準備をしっかりした上で、またいつか住宅の購入が出来るよう歩みたいと思います。

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

この時点で解約するべきか

マネー 住宅資金・住宅ローン 2008/04/15 15:08

先日、新築戸建を契約しました。手付け100万を支払っております。現段階で、住宅ローンが不安になっております。諸事情があり不動産(仲介)にも仲介料を100万ほど支払い済みです。

借り入れは4250万。33… [続きを読む]

Nicさん (京都府/33歳/男性)

このQ&Aの回答

住宅購入について 辻畑 憲男(ファイナンシャルプランナー) 2008/04/15 17:26
住宅ローンの借入妥当額について 藤森 哲也(不動産コンサルタント) 2008/04/16 07:09

このQ&Aに類似したQ&A

住宅購入の契約をしてしまいましたが不安です さくらやまさん  2008-06-13 13:42 回答4件
社宅のままか、マイホーム購入か ロペスさん  2014-02-10 00:47 回答3件
住宅ローンについて。 k2k2さん  2012-06-06 01:16 回答1件
住宅ローンの選択(変動 vs. ミックス)で悩んでいます ロロ・トマシさん  2011-06-26 22:01 回答2件
住宅ローンについて accoaccoさん  2010-07-21 00:39 回答7件