今のうちに「幹」を確保しましょう - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
加藤 惠子

加藤 惠子
ファイナンシャルプランナー

- good

今のうちに「幹」を確保しましょう

2008/01/11 01:14

保険は、「誰に、何があって、誰がどの位困るのか?」を考えてみることが第一歩です。ご主人にもしものことがあったら、どのくらい困りますか?病気やけがで働けなくなったり、入院することになったら、誰がどのくらい困りますか?

 死亡保障、医療保障で分けて考えると、お子さんもまだいらっしゃらなくて、お仕事をしていているのであれば、少なくとも「今」は高額な死亡保障は必要ないでしょう。但し、将来お子さんが生まれて、お仕事が今のようにはできなくなる時期もあるかもしれません。
その時には、もしもの時に困る金額と期間をきちんと算出して、しっかり保障を確保する必要が出てきます。結婚を機に「保険」を考えるのであれば、長い人生の中で「土台」「幹」となる保障はいずれ必要になってくるので、年齢が若い今のうちに、その部分だけでも確保してはいかがでしょう。お子さんが生まれて状況が変わったら、その幹に必要は枝葉をつけていけばいいと思います。

 又、マイホーム取得を予定されているとのことですが、ローンの組み方によっては保障が必要になってくる場合も出てきます。

 入院した時などの医療保障は、貯蓄でまかなってもいいですし、保険でカバーするのも一つの選択肢です。ただ、他に比べて治療費が多くかかる「がん」に対する保障は、確保しておいた方がいいでしょう。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

新規保険加入の参考額

マネー 保険設計・保険見直し 2008/01/08 12:56

はじめまして。
今月入籍予定なのですが今後どのような
保険にはったらよいのかわからず
ご相談させていただきました。

私:25歳:手取り17万円
彼:24歳:手取り20万円

彼は現在月額1万円の積み立て… [続きを読む]

Ryo*さん (栃木県/25歳/女性)

このQ&Aの回答

最低限の整理資金・医療の保障と所得補償のみでも 照井 博美(ファイナンシャルプランナー) 2008/01/08 13:57
生保加入の件 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2008/01/08 17:12
新婚夫婦の保険加入について 澤田 勉(保険アドバイザー) 2009/03/19 20:38
これから変化がありそうですね。 吉野 裕一(ファイナンシャルプランナー) 2008/01/08 18:23
回答申し上げます 大関 浩伸(保険アドバイザー) 2008/01/08 18:49
新規保険加入の参考額 森 和彦(ファイナンシャルプランナー) 2008/01/10 00:26
保険加入の目的は? 2008/01/08 16:05

このQ&Aに類似したQ&A

ユニットリンク保険、AIG富士生命 0614aさん  2016-02-23 12:49 回答1件
個人年金保険の新規契約 makkiさん  2012-04-25 21:47 回答6件
不妊治療中の新規保険加入について chimaki2011さん  2011-05-23 18:40 回答1件
死亡保障について marinesさん  2011-01-07 12:46 回答6件