断熱材の選び方 - 斉藤 進一 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

断熱材の選び方

2016/09/14 17:35

鹿児島の断熱地域係数は7地域(一部6地域)というカテゴリーになります。

フラット35など厳しい基準で考えた場合でも、グラスウール16kの場合はB種に属し「壁105ミリ」 「屋根・天井155ミリ」仕様は東北・北海道の1・2地域の基準をクリアするほどの高断熱になりますね。
一方で、アクアフォームは、建築物断熱用吹付け硬質ウレタンフォーム断熱材A種3で、C種に属します。
http://www.flat35.com/files/100512161.pdf

熱伝導率で比べるとアクアフォームのほうが断熱に優れた製品ですが、アクアフォーム吹き付け厚みが鹿児島仕様の場合は、1・2地域基準をクリアした厚みのグラスウールの方が断熱性は上です。
(熱伝導率の数字が小さいほど熱を伝えにくい、断熱性が高い断熱材です。)

気密性はアクアフォームの方が断然優れますが、大工さんの下処理が結構大変なので、アクアフォームマニュアルを把握して頂く必要があります。
http://www.n-aqua.jp/images/catalog/s_manual(151008).pdf

個人的には、幹線道路沿いなど騒音の多い場所に建てる高気密高断熱住宅ならアクアフォーム断熱で、省エネ重視のみなら断熱材の厚みを増したグラスウールという組み合わせが良いと思います。

ご参考になれば幸いです。

高気密高断熱
グラスウール
高断熱
高気密
フラット35

回答専門家

斉藤 進一
斉藤 進一
( 埼玉県 / 建築家 )
やすらぎ介護福祉設計 代表
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

断熱材の選択

住宅・不動産 住宅設計・構造 2016/09/12 23:30

気に入った土地に建築条件がついている為、ハウスメーカーは決まっています。
そして、断熱材の選択で迷っています(グラスウール16Kかアクアフォーム)

壁構造:サイディング、外壁通気、防水透湿シート(タイベ… [続きを読む]

Dutraさん (鹿児島県/35歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

屋根の構造について ひとみ2015さん  2016-09-14 13:05 回答1件
都心の狭小地における設計 DEITEさん  2016-08-27 22:03 回答4件
床下の水漏れ aaronさん  2015-11-03 13:51 回答1件
擁壁&高台の土地調査について malosukeさん  2016-06-30 01:57 回答1件
【至急/困っています】擁壁の安全性について hiro0921さん  2015-05-15 12:38 回答1件