退職後の住宅ローンの扱いについて - 野口 豊一 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
野口 豊一 専門家

野口 豊一
ファイナンシャルプランナー

- good

退職後の住宅ローンの扱いについて

2014/12/01 00:20

不動産コンサルタント & FP の野口です。

damahiji様は、御病気で離婚、休職、退職の恐れと大きい悩み事をお抱えで、大変とお察しいたします。

先ず、ご質問に関してお答えいたします。

1、一身上の変化、離婚、休職などの重要事項は、ローン申込時に述べられていた事項と異なってきていますから、銀行に報告の必要があります。多分ローン契約書(金銭消費貸借契約書)に変化、移動等があった場合は通知しなければならない旨の条項があると思います。

2、より重要な事項で、夫の所有分を取得してしまい、ローンはdamahiji様が一人で支払っていくことは、ローン契約の大きい変化です。ですから登記を含めて銀行に連絡し了解を得る必要があります。(住宅ローンの変更契約が必要?)
これらを一切報告もせず後日実態が露呈した場合は、銀行の心情は穏やかではありません。

3、damahiji様のやむを得ぬ事情で、最終的な希望に書かれている通り、お気持ちを述べられ、ローンを遅滞なく払っていく構えを見せらることでしょう。
よほど質の悪い銀行でない限り、一括返済や売却を強要しないでしょう。

4、damahiji様の病状により、実家に帰り現マンションを賃貸に出すことは、damahiji様のローンは住宅ローンとして貸し出しをしている訳で、賃貸マンションローンとは異なります。住宅ローンは、政策上金利も期間も低利、長期に設定しています。ですから収入は確保されるでしょうが、基本が違ってきます。
銀行によっては、damahiji様の将来への不安から、金利UPや売却による一括返済を求めてくるかもしれません。

5、damahiji様は、このようなお悩み等抱えられ、更に回復を遅らす結果になります。まだ十分働ける年齢ですから、一刻早く種種の悩みを解決し、お元気になって働いてローンは支払っていく覚悟が必要です。これ等を正直に述べられ、すべてをポジティブに考えて銀行にご相談されてはいかがでしょう。銀行も弱い者を谷底に突き落とす事はしないでしょう。

 個別の件に関しては、---- http://www.iriscon.co.jp

damahiji様の早いご回復をお祈り申し上げます。

退職
離婚
病気
住宅ローン

回答専門家

野口 豊一
野口 豊一
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
代表取締役
03-3358-9777
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

不動産投資、マンション経営、FPの観点からコンサルタント

独立系のFP、不動産業者とは一線を画し常に第3者の観点からコンサルタント、長年のキャリアと実践て培った経験をを生かします。法律、経済、税務など多角的に論理整然とし、これを実践で生かします。誰にも負けない「誠実性」「洞察力」を発揮します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

退職した場合マンションのローンはどうなりますか?

住宅・不動産 不動産売買 2014/11/30 19:41

病気(うつ病)で1年半以上休職中の40歳女性です。
既婚ですが、離婚することとなりました。
結婚後生活していたマンションは、夫婦共同名義で支払額半々でした。
離婚に伴い、… [続きを読む]

damahijiさん (東京都/39歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

投資マンション所有。自宅購入について けーしけさん  2014-12-08 02:08 回答2件
収益物件の購入について amagasakiさん  2014-09-11 14:17 回答1件
投資用マンションの売却 nordicsさん  2016-11-18 21:22 回答2件