金融機関の対応により状況が変わります - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
大浦 正

大浦 正
住宅ローンアドバイザー

- good

金融機関の対応により状況が変わります

2013/03/18 13:16

住宅ローン診断士オフィス”MPcfas”の大浦と申します。

早速ですが、お尋ねの件についてお答えします。

住宅ローンの完済時における手続きについては、抵当権の解除手続きにどの程度の期間を要するかによります。

取引金融機関が支店であり、抵当権設定契約証書の保管場所や、解除証書の発行に時間がかかるようであれば、場合によっては二週間ではきついかもしれません。

帰国後直ちに金融機関を訪問の上確認された方がよろしいと思います。

また、完済後は住宅ローンに付帯する火災保険は効力を失いますので、火災保険や地震保険の加入についても考慮された方がよいでしょう。

損得で考える場合には、住宅ローン取得控除と現在の支払い金利の状況により変わってきます。

控除対象になっていない場合、及び、対象になってはいるが現在の金利が1%以上の場合は返済された方がよろしいでしょう。

金利が1%未満の場合は、取得控除の関係で対象期間内は残高を保有するという考え方もありますがので、気にかかる場合は詳細に検討されるとよいでしょう。



住宅の取得をお考えの方は、将来のリスクに備えるための細心の注意が必要です。
MPcfasでは住宅ローンのご相談や、住宅ローンの返済に不安をお持ちの方のキャッシュフロー分析を行っています。
             http://www.cfas.jp/

キャッシュフロー分析
地震保険
火災保険
住宅ローン

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

海外赴任中での住宅ローン繰り上げ返済について

マネー 住宅資金・住宅ローン 2013/03/18 04:05

はじめて質問させていただきます。
私は42歳で37歳の時2800万の35年固定ローンを組み、何回か繰り上げ返済を行ってきました。現在は海外赴任しており(今年から3年の予定… [続きを読む]

minikaduさん (愛知県/42歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

住宅ローンの賢い借り方について たくともさん  2007-01-16 13:06 回答1件
住宅ローンの借り換えについて depparaさん  2010-10-16 23:49 回答2件
連帯債務の住宅ローン ねむねむさん  2010-07-12 11:47 回答5件
ネット銀行について 106さん  2010-01-14 00:54 回答2件
収入合算の際の住民票の移動と提出 りんりん411さん  2009-10-20 11:55 回答3件