事業形態 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
佐藤 正人

佐藤 正人
企業再生コンサルタント

- good

事業形態

2012/10/02 09:25

本来事業の形態は、その事業の「目的」によって決めるもので、税優遇やランニンングコストで決めるものではありません。
株式会社であれば「営利」を目的として設立し、政治団体やNPO法人は「営利以外の目的」であることが基本です。そのためNPO法人などは税優遇の措置が施されているのです。

株式会社の資金調達は「教科書」には株式発行により可能と書いてあるでしょうが、本当に株式を発行して資金調達できる会社は「上場企業」と呼ばれる会社群であり、全体のほんの数パーセントにすぎないのが実情です。
試しに、友人に「今度株式会社を作るから出資して欲しい」を言った時に、どれほどの資金が集まるか試してみると良いかもしれません。それに毎期利益が出るのであれば、法人税均等割り(7万円)など、安いものかもしれませんよ。

「税優遇」の受けられる団体は、何らかの「制約条件」や「人的制限」「法的な規制の対象」になっているケースがほとんどです。
例えば公的な資格者を常駐させる、正確な帳簿を作成して監査を受ける、事業そのものに営利性が認められない等々・・・・。
結局それらの制約は必ず「ランニングコスト」となって反映されるので、税優遇を受けるために「税優遇以上のコストが発生」というケースも多々あるようです。

いずれにしても、組織を立ち上げるのであれば「目的」が命、税制は付随的なファクターとみるべきです。

政治団体
組織
株式会社

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

事業形態

法人・ビジネス 新規事業・事業拡大 2012/03/06 18:42

新規事業の事業形態を株式会社にするか、政治団体にするかを迷っています。

株式会社であれば対外的な信用がある上、株式を発行すれば出資されやすいです。
しかし、赤字であっても毎年7万円の税金がかかってしまいま… [続きを読む]

171さん (東京都/22歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

子会社設立に関して・・ 南十字星さん  2014-03-16 09:22 回答1件
海外の企業から日本へネット通販 ぽて~とさん  2014-08-15 13:21 回答1件
法人設立による投資不動産取得費用について ひでじんさん  2012-08-06 09:08 回答1件
新規事業集客 ランコミュさん  2012-05-23 18:21 回答1件
共同出資による新会社設立について andy3さん  2011-06-14 18:34 回答1件