タイル(土)+アルミルーバー(金属)と赤い玄関戸+緑 - 写真・作品 - 専門家プロファイル

株式会社コルピソス 所長(代表取締役)
東京都
建築家
03-5315-7155
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家写真ランキングRSS

対象:住宅設計・構造

3畳の小さな和室
山崎 壮一
(建築家)
木造住宅:リフォーム
中舎 重之
(建築家)
キッチン(Y邸)
樅木 貞夫
(建築家)
キッチン(Y邸)
樅木 貞夫
(建築家)

閲覧数順 2019年07月19日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

タイル(土)+アルミルーバー(金属)と赤い玄関戸+緑拡大

9 good

【2次元と3次元のsympathy(共鳴)】

超高層に挟まれたインターシティーの中庭の先に、アジールコート品川はあります。

白と黒のタイルまたはタイル(土)とアルミルーバー(金属)と対照的な素材を用い、その明確で単純な構成は複雑な現代社会の中で、より一層斬新に感じられます。

白いキューブは、ライフスタイルは違えども、品川のこの地で新しい生活を始める人々の新鮮な心を表しており、その内部には期待と不安と変化が渦巻いており、黒い壁はその生活を守る盾を意識しました。

エントランスの赤い扉を開くと白い壁の中に浮かび上がる金属(アルミ)のアートもこのコンセプトに基づきキューブ(3次元)と凹凸のあるテクスチャーの壁(2次元)を持っており、その表面に水面(みなも)に広がる波紋すなわち共鳴を現しており、「sympathy」と命名されました。

よって白いキューブと黒い壁が交差し作り出だされたアジールコート品川は、まさに2次元と3次元の共鳴(sympathy)によって生活が営まれる4次元空間を出現させており、それは modernASYLとして住む人々の癒しの空間となるでしょう。