勇気・希望・忍耐 - コラム - 専門家プロファイル

岡田 敏子
Smile Factory 
東京都
収納アドバイザー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

勇気・希望・忍耐

- good

宮本輝さんの小説「春の夢」


父の死、借金、極貧生活…突然の不幸を背負いながらも、
ひたむきに生きる大学生の青春の愛と苦悩を描いた宮本輝の作品です
20年も前に読んだ本ですが、
私にとっては何かつらいことがあったり、心が折れそうになると
主人公の父親が、亡くなる1ヶ月前に学生である一人息子に言った言葉を思い出しては、
自分のこれからの人生に当てはめたり、
自分都合の良い解釈をして気持ちの整理をつけることがあります。



有本利夫


宮本輝  『春の夢』  から


人間には、勇気はあるけど辛抱が足らんというやつがいてる。
希望だけで勇気のないやつがおる。
勇気も希望も誰にも負けんくらい持ってるくせに、すぐにあきらめてしまうやつもおる。
辛抱ばっかりで人生何も挑戦せんままに終わってしまうやつも多い。
勇気、希望、忍耐。
この三つを抱き続けたやつだけが、自分の山を登りきりよる。
どれひとつが欠けても事は成就せんぞ。
俺は勇気も希望もあったけど、忍耐がなかった。
時を待つということが出来んかった。
自分の風が吹いて来るまでじっと辛抱するということが出来んかった。
この三つを兼ね備えてる人間ほど恐いやつはおらん。
哲之は、父の言ったことは本当だと思った。
だがこの陳腐と言えば言える三つの言葉を己に課すことはなんと至難であろうか。


小説の言葉って、読む人によって様々な捕らえ方があります。
自分に都合のよい解釈をしてしまいます。それでも、私はかまわないと思います。


私の片づけをするときの基本的な考え方の1つとして

片づけられない自分と向き合う勇気、片づけられない自分を受け入れる勇気
必ず片づけてみせるという希望、片づけだけにかかわらず幸せになろうという希望
ゆっくり、時間をかけても、あきらめないという忍耐

これがなければ、本当に片づけは進まないと思っています。


勇気  どんなに「片づけたい」と思っても、「要る・いらない」判断と決断をしなければ前には進めない。
希望  いくらたくさんの片付け本を読んでも、セミナーに参加しても、行動しなければ前に進めません。
忍耐  どんなに「片づけたい」と思っても、「あきらめてしまう」と前には進めません。


百考は一行にしかず
どんなに考えても「行動」を起こさなければ前には進めません。


それまでにため込んだ物が多ければ多いほど、片付けは時間のかかる大仕事です。
そんな作業を最後までやり遂げるためには勇気・希望・忍耐

この3つの言葉を自分なりに解釈して、片づけを最後までやり遂げるきっかけにしてみてください。





このコラムに類似したコラム

渋谷のカフェミヤマにて 「いい女になる為の3つ法則セミナー」 chie - 魅力イメージコンサルタント/艶女子会代表(2013/07/04 16:41)

結婚式 楠 壽大 - 公認会計士(2013/06/08 23:33)

第798号:目標を見失わない様に 小笠原 宏之 - ITコンサルタント(2013/04/12 07:14)

いよいよGCP第三期が始まります! 豊田 圭一 - 研修講師(2012/05/13 14:30)

店長のための「言える化」推進計画(その1) 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2014/05/09 07:06)