人間の運命と自由とは? - コラム - 専門家プロファイル

池本 真人
Div Design Webサイトの一級建築士
東京都
Webプロデューサー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

人間の運命と自由とは?

- good

徒然日記

「運命ってあるんですか?」

「自由ってどういうことですか?」



こんな疑問を持ったことがある方もいると思います。

人間の運命や自由という話は、大きく分けると以下の4つになります。


・自由論

・運命論

・神命論

・因果無し



自由論とは、人間の意志は自由だというものです。

本当に人間が自由ならば、どうして死にたくないのに死なねばならぬのでしょう?

本来、自由なんていうものはありません。



運命論とは、人間には生まれつき運命が決まっているというものです。

全ては先天的に決まっていたとして、それで満足が出来ますか?

どうしても運命論だけでは納得出来ないことが出てきます。



神命論とは、人間は神の意志に従って生きているというものです。

祈りを捧げたりすることで、本当に神の意志が表現出来ているのでしょうか?

理性の無い信仰は盲目であり危険も伴うものです。



因果無しとは、人生とは行き当たりばったりで、因果は無いというものです。

満足出来ないところに満足するという矛盾の中、納得できるのでしょうか?

因果が無いというのは、この世の法則を知らない故に起こる考え方です。



これらの全ての謎を解き、真理に到達したのがお釈迦様なわけですが…。

答えから言ってしまうと、自分というものは無いのです。

無我の境地が真理でもあるのですが、
いきなり「自分が無い!」なんて言われても、よくわかりませんよね?



無我の話しとは異なりますが、別の伝え方をしたいと思います。

実を言うと、自由論も運命論も神命論も正しいのです。

矛盾しているわけではなく、全てはその通りなんですね。



実際に自由は無いし、運命は決まっているものでもあるのですが…。

その不自由の中にこそ自由があるわけですね。



AとBの両面がある世界であり、AでありながらBでもいられる世界なんです。

ちょっと難しいですかね?



もう少しわかりやすくお伝えすると、
どちらかに考え方を偏らせないことが大切なんです。

AならA、BならBではなく、その中間というものがあるんですね。



先の楽しみのために今を我慢して苦しむということも、
ただ目の前にあることを楽しんで後で後悔するということも…。

どちらかに偏っているから起こることなんですね。



今も楽しく、先も楽しく生きていけばいいんです。

そのためには、自分の価値観に捉われない心が必要になります。



心が解放された時、本当の自由が見えるわけですが、
そのためには、まず不自由を知らなければいけません。

お釈迦様がお伝えしてくれたことは、ただの世迷言ではないんです。

人生をよりよく生きる方法を教えてくれるものなんですね。



自分というものはありません。

霊魂というものもありません。

この世界も全てはありません。



全てが無いという「空」が理解出来た時、本当にあるものが見えてきます。

まずは思い込みを捨てること。

自分が正しいという考え方を捨てること。



自分が抱えているものを捨てていくと、本当の自由が現れてきます!(^_-)-☆


※メールマガジンだけでしかお伝えしないお話しもあります!

見方革命家まーくのメルマガ登録はこちらです♪





このコラムに類似したコラム

相対の世界と絶対の世界 池本 真人 - Webプロデューサー(2013/03/23 09:00)

陰陽の原理を知り悩みを明るく照らす! 池本 真人 - Webプロデューサー(2012/10/30 16:30)

三次元の蟻を超えていく! 池本 真人 - Webプロデューサー(2012/06/30 12:40)