英単語の覚え方 その2 - 英語全般 - 専門家プロファイル

鈴木 将樹
英語総合即戦学校 
英語講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:英語

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

英単語の覚え方 その2

- good

  1. スキル・資格
  2. 英語
  3. 英語全般
英語関連コラム

英語で一番てっとり早いリンクは、同義語、反意語や派生語である。big=huge=tremendous=vast=gigantic=「そういえば、ドラクエにギガンテスとかいうでかいモンスターがいたな。あいつはでかいからギガンテスなのか」とこのようなリンクがあれば、tremendousの意味がわからないときにでも、「えーとtremendousはgiganticの同義語だから、そいでgiganticはえーとギガンテスだから、あーでかいって意味だな」というふうに思い出すことができる。人の名前を覚えることとなんら変わらない。

最初はリンクを自分で作っていくのが難しいかもしれない。そんなときは自分の趣味や好きなことを利用しよう。映画が好きな人、音楽が好きな人、ゲームが好きな人、パソコンが好きな人、何でもいい。日本には莫大な英単語があふれている。みんな気づいていないだけなのだ。バイオハザード、ミッションインポシブル、インディペンデンス・デイ、ホームアローン、スタンドバイミー・・・

例を挙げてみよう。

インディペンデンス・デイってどんな意味かな→あー独立記念日って意味なんだ、でもなんで独立記念日って意味になるんだろう→ふーんindependenceが独立って意味があるんだー、そういやなんかそんな場面があったな→なんだか長い単語だな インディって言葉に似てるな→dependentって言葉もあるんだ→そういえば浜崎の歌にdepend on youってのがあったな→あーあれはあなたを頼りにしてるっていう意味だったんだー!

とこのように、インディペンデンス・デイ=インディペンデンス=なんだか長い インディに似てる=dependent=浜崎=depend on youは頼りにしてるっていう意味。というリンクが出来上がる。これに視覚的リンクや他の五感を利用したリンクがあれば、記憶の定着度は飛躍的に上がる。

映画が好きな人は、自分の好きな一場面でいいから、英語の字幕で映画を見てみよう。「あーこの場面のこの台詞は、こういう英語なんだ!」という強い思い出ができて、それを他のものにリンクさせれば、かなり強烈にその言葉を印象づけることができる。1つの映画の中に10個でも印象深い言葉があれば、1ヶ月に2本見たとしても1年で240個、単語が増える。

それから英単語はチェックしなおすということが大事である。今日覚えた単語は今日で終わりではない。明日、明後日というふうにチェックして覚えているか確かめなければならない。覚えた、ハイおしまい。ではないのである。それが英単語が地道な努力を要する点である。後はチェックするときに友達とチェックすると一番いい。単語のいい「思い出」ができるからである。「この単語、なんか間抜けな響きがしない?」と友達が言ったとすれば、その分だけ思い出が増える。リンクも友達との会話の中でたくさん生まれる。

うちの学校の話をすると、うちの学校では単語を非常に重視する。単語テストもやるが、紙に書いてもらうのではない。生徒同士でチェックして、それを講師がまたチェックするという形を取っている。単語は、個人でやるより学校でやるほうがはるかに定着すると考えているからである。

間違いなくいえることは、単語をしっかりとやっている人は着実に伸びる。まずは、単語=つまらない、という意識をなくすことが重要である。

このコラムに類似したコラム

英検1級道場-英検1級とTOEICスコアの関係 山中 昇 - 英語講師(2015/01/03 14:57)

TOEIC(R)初中級基礎単語168(600点レベル) 伊東 なおみ - 英語講師および日本語教師(2013/12/14 18:30)

今年の漢字2013年 伊東 なおみ - 英語講師および日本語教師(2013/12/14 20:30)