本当に世の中を良くしたいと願うなら、「国が、社会が…」という前に各個人ですべき事があります - 文化・芸術全般 - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

本当に世の中を良くしたいと願うなら、「国が、社会が…」という前に各個人ですべき事があります

- good

  1. 文化・芸術
  2. 文化・芸術
  3. 文化・芸術全般

今回のテーマですが、まずはTwitter上で私がやり取りしたツイートをお届け致します。(※ピンクの文字が私のツイートになります)

☆_(_☆_)_☆

 

 

なお

https://twitter.com/prqdr412

 

緊急放送はなかったね。まあ、国民が団結するしか解決策はないんだよね。たしかにここ数日飛行機やヘリはすごいけど緊急放送=国民の団結なのではないだろうか?アメリカの話に日本は関係ないわけだから。自分が日々できることを考えることこれが一番大切だと自分は思います。

 

「緊急放送は年末に起こる」と言われていますからこれからではないでしょうか?色々な意味で、12月が要の月と言われています。これから起こる第2章と第3章は、私達に取ってあまり心地好く感じない膿み出しが続くとも言われておりますが、私はなおさんの様に未来に悲観的ではないですね~。

 

緊急放送に頼ってる時点でおかしいでしょ。ここは日本であり日本人が立ち上がらないと無理です。まるでトランプが何とかしてくれる?ならさ、前の4年間何してたのって話。ロスお茶の駒に何ができんのって話なんで。まあ、考えは人それぞれなんで。

 

世界的な緊急放送が無ければコロナ脳の人を開眼させる事は無理でしょう。これは人知の及ばない智慧から考案された計画だと思います。そうして社会の真実を全員が認知しなければ日本人は一つにまとまらず正しい判断や行動はできません。小規模なデモをした所で緊急放送の様な効果は得られないでしょう。

 

 

 

以上が今回のやり取りだった訳ですが、ちなみにこれは私が前々から感じている事なのですが、本当にこの世の中を良くしたいと願うなら、「国が、社会が…」という前に、

 

まずは各々個人のカルマやトラウマを自ら浄化し、自分の中に存在する怒りや憎しみ・恨みや悲しみ、そして劣等感から来る嫉妬や罪悪感等という膿みを出し切らなければ、根本的解決には至らないという事を思います。

 

そういうものを自分の内面に抱えながら、個人的主観から来る怒りや恨みからの抗議デモ等をした所で、決して根本からの問題解決には至らないと私は思っています。

 

…という事を、自分の中で再確認しておりましたら、私と同じ考えを持たれた方がいらっしゃいましたので、その方のツイートをご紹介致します。

(^^✿

 

 

 

masanori kodama

https://twitter.com/PXSUC

 

全ての膿を出し切らないと緊急放送は起らない。なぜなら膿を出すために放送するのでない。出る膿も閉ざされてうやむやにされては光目的に反する。敵も尻尾掴まれない様に必死です。負けるギリギリまで光も踏ん張る必要有り。ぎりぎりの攻防は続く。善悪どちらも諦めない。でもベストのタイミング来る。

 

誰もがストンと腑に落ちるタイミングが来ます。それまで善悪の攻防は続く。物理の戦争でも終戦が発表されれば、腑に落ちる、みたいな状況に似ている。故、誰もが戦場に居ると潜在的に自覚してます。早く終わって欲しいと思う人情は分かりますが、第三次世界大戦は根が深くて簡単には終わらないのです。

 

闇のエネルギー源は貴方の怒り、憤り、不安、など負の感情。それを煽るためにマスメディアは必死。フェイクで怒りが起こる事を予測してフェイク流している。光の作法なんて関係ない。負の感情を光からあぶりだせば闇の勝利。ワクチンや色々な脅しで反応して出るエネルギーが最高のご馳走。神に逃れよ。

 

不正選挙の大胆さは、この不安などの負のエネルギーで光を屈服させるのが目的だと言う事を意識的に忘れない事。貴方が動揺したそのエネルギーが欲しいだけ。善悪の戦いにはこれがいつでも定石。神に逃れよ。そしてリラックスして状況をつかんでいくのだ。闇は愚かだからドンドンボロ出ているでしょう。

 

この茶番唯ひたすら楽しめ。本気にした方が負け。この茶番に逆らってはならない逆らえば知られる。そして消耗する。逆らわなければ彼らは貴方を神と見なす。闇は貴方が逆らう様にフェイクを作り出す。その逆らった時出る怒りが彼らのエネルギーになる。何に逆らったかは関係ない。闇は意図的で確信犯。

 

 

 

私達は時に失望から疑心暗鬼になって、疑念や怒りを持ってしまったりして、自分自身が揺らぐ事がありますよね?

(^^;

 

勿論私もそういう気持ちになってしまいそうな時もありますが、そうした時に私は「自分自身の中心を、自分の中に取り戻す為のバロメーター」というものがあります。

 

それはどの様な時も、

 

それは「怖れから来る怒り」が混じるものからの判断なのか?

それとも「自分が拡大して行く様な愛」を感じるものなのか?

 

というバロメーターです。

(^^✿

 

 

 

「怖れ」を基盤にされている人間の"思考"から放たれる波動は、例えどんなに素晴らしい事を言葉や文字で伝えていても、ピリピリと尖った怒りの波動が感じられるので、私にはすぐ分かりますし、

 

逆に「自分のカルマを自ら解消した人間=自ら自分の中の怖れを克服した者」にしか持てない"慈愛や慈悲"を持つ事のできた方達から発せられるメッセージからは、

 

例え厳しい言葉で内容を伝えて来るものであっても、私達は素直に俯瞰で納得させられたりするものなのです。

( ・・) ~ ☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡

 

 

 

…なのですが、

 

エネルギーというものはネガティブな方が重い分パワーがあるので、どうしても私達は「その重さに引きずり下げられてしまいがちである生きもの」であるという事を自分自身で自覚する事が、

 

特に今の様な過渡期には正しい判断をする為にも、各々に必要となって来ると私は思います。(※今までの社会はそうした私達の性質を熟知した支配者層により操られて来たのですから)

( ・・) ~ ☆彡 or ★彡

 

自分自身の中の「怖れから生まれる怒り」を解消する事なく、そこから生まれる"思考分裂"から来る心の葛藤を内面に持った方が、いくら「この世を良くしたい」と頑張っても、

 

そういう方達が体験するものは「自分の心の反映」でしかないので、必然的に"腹の立つ事"を常に人生で目にしている様な方達なのです。

 

そしてこういう怒りを手放せない方達は、年中「腹の立つ理不尽な事(=自分の中の分裂から、その人の外界で見せられる世界)」に遭遇してしまう為に、

 

「何で私だけがこの様な思いをさせられなくてはならないのか!」という被害者意識から来る怒りが、どんどん自分の中で拡大し続けてしまう訳ですね。

 

自分自身で謙虚にそうした真理に気付かない限り、その方はその負のループの中に人生を生きる事になるのですが、

 

でも多くの方達は、自分にも他人にもその様な視点がない為に、そういう方達の持つ「個人的体験から生まれた被害者意識から生まれるネガティブ思考」というものに気付けずに、

 

自分軸の無い方ほど、そうした方達が発するネガティブエネルギーに巻き込まれてしまったりして、影響を受けてしまうのでしょう。

(・。・;

 

 

 

…というお話しでした♫

☆_(_☆_)_☆

 

 

 

 

 

まるで哲学者みたい!カッコいいアオサギさん~☆彡

(*^^*) ~ ♡

 

鳥達は人間より自由で正直。

私には、彼らの方が人間より孤高の存在に思える時があります。

( ・・) ~ ☆彡☆彡☆彡

 

 

 

自分の人生で起きる事の全ての根は、実は「自分自身の中」に在るのです。

そういう視野で各々自分や他者の人生を観察した時に、今までとは違った世界が皆様の目に映る事でしょう!

 

さてさて皆様は、今日はどの様な事を生活の中で体験されますでしょうか?

( ・・) ~ ☆彡 or ★彡

 

 

 

宜しかったら、こちらも是非ご覧下さい。

  ↓      ↓       ↓

世界的コロナパンデミックが何故引き起こされたのかが分かる【参考コラム】特集

 

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年