洗脳をやたら恐れる人とは真理を見抜く力のない人 - 文化・芸術全般 - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:文化・芸術

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)
大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

閲覧数順 2019年06月16日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

洗脳をやたら恐れる人とは真理を見抜く力のない人

- good

  1. 文化・芸術
  2. 文化・芸術
  3. 文化・芸術全般

世の中には「洗脳」というものを、やたら怖がるという方達がいらっしゃいますよね~。

(・。・;

 

特にこの日本では他の国に比べて、非常に「宗教アレルギー」「スピリチュアルアレルギー」を自負される方がとても多い印象です。

 

私もバレエを教えていた時に、子供が私を信頼する事を快く思わず「我が子がエリカ先生に洗脳される!」と、嫌がる子供を無理やり私から引き離す親御さんも、35年という長い教師生活の中には少なからずおりましたね~。

(^^;

 

でもそういう親に限って家族や子供との間に大きな確執を抱えていたりして、親が自分のエゴから過干渉に子供を支配し、鬱病にまで追い込んでしまう様な家庭であったり、

 

親が「子供に説得力を持てない自分」というものを謙虚に客観視できず、子供に無理やり言う事を聞かせようと非常に感情的且つ暴力的になる親であったり、

 

故に自分が子供から尊敬されない事が多い為か(※感情的になる大人は誰からも尊敬はされません)、"親である自分"とは違う価値観を持っている存在を、我が子が尊敬する事に対して、物凄い嫉妬心というものを持つという共通した特徴がございました。

( ・・) ~ ★

 

 

 

私はここで良く「真理」に付いて書かせて頂く事も多いので、必然的にスピリチュアル的、或いは宗教的なイメージを私に持たれておられる方も多いかもしれませんが、

 

今までのコラムでも何度か書かせて頂いております様に、私は基本「人が説く宗教やスピリチュアルには、自分に取っての本当の答えはない」というスタンスで生きていますし、

 

自分以外の方達も、そういう生き方をされる事を望む一人です♫

(^^ゞ

 

 

 

私のスタンスは、多くの宗教&スピリチュアルアレルギーの方達に有りがちな、「スピリチュアル及び宗教を完全拒否する=学びもしないで毛嫌いし批判する」的なものではなく、

 

逆に色々な事を多方面から勉強し、そこから自分に取って真理だと思えるものをチョイスするというスタイルなのでございます。

(^^♪

 

 

 

だって、どの様なものにも「真理」というものが含まれておりますからね~。ですので私は、謂わば「個人的な真理オタク」という所でありましょうか。(※何故なら真理を理解する事は、真の幸せに繋がる道だからです!)

 

ですので、私が時たまコラムでご紹介させて頂く何かに、自分自身が完全に傾倒するという事はまるでなく、その中の真理に私が共感できた部分をチョイスさせて頂き、ピックアップさせて頂いているに過ぎないのです♪

(^^✿

 

 

 

そういうスタイルを選択している私ですが、そこで自分の一番の指針となるものとは、

 

その教えを説いたりメッセージを送って来る存在が伝えて来る、その立派な理論とは裏腹に、自分の優越感を示したいとか、相手を自分に依存させたがる=自分を崇拝させたがるという隠れたエゴが潜んでいたり、

 

どこかに聞き手に威圧感や矛盾から来る違和感を感じさせ、何となく人を暗い気持ちにさせる重苦しい空気=人に本来持たなくて良い罪悪感や自己否定を持たせたがる様な空気を放ってはいないか?というものになります。

 

でもだからと言って「そういうものを感じるから全てダメ!」とか、「この人の言う事は全て紛いもの!」という極端なスタンスも取らない主義でもあります。

 

それはどの様なものからでも、反面教師というスタンスでも、真理というものは学べるという事からでもありますし、又自分のエゴが強い段階では、真理というものが逆にとても重苦しいものに感じられるという時期もあるからです。

( ・・) ~ ☆彡

 

 

 

自分自身を磨き、自分の感覚に耳を澄ませば、そういう「真理でないもの」「慈愛・慈悲ではないもの」「偽善」というものは、誰もが自分自身で見分ける事ができますから、

 

「洗脳を怖がる」という必要が無い自分になれるはずですし、どの様なものに対しても偏見を持ったり毛嫌いする事もなくいられて、故に「洗脳を怖がる」などという事からは無縁になれるのだと私は思います。

 

そういう人は、どの様なものに対しても、その中に含まれている真理を見付けたり気付いたりする事を楽しめるので、いつも心はオープンなのでございます♪

(^^♡

 

つまり、そういうものを自分で賢く見破ってしまう力を持てば、何も恐がる必要はないという事ですね!そしてこういう生き方が一番自由なのだと私は思います~♫

(*^^*) ~ ☆彡

 

 

「洗脳を恐れる人」とは、逆から観たら「真理を見抜く力のない人」という事でもあり、

 

故に「洗脳を恐れる人」とは、「私は洗脳される人間である=真理とは何かを見破れない人間である」という事を、自ら宣言されている様なものではないかと私は思います。

(・・;)

 

 

 

 

 

数年前に亀戸天神(天満宮)で撮れた、とても幻想的な写真~☆彡

(*^^*)~☆彡

 

洗脳とは、この水面に映った木を「本物だ!」と信じてしまう様な心理状態でしょうか…。

(^^;

 

 

 

無意識に洗脳されている人ほど、実は洗脳を怖がるという事実がある様です。

(^^;

 

そして洗脳されている人間ほど「私は洗脳されていない!」と思い込んでいるそうな~。

(^^;(^^;;(^^;;;

 

 

 

…え?私ですか?

勿論私はそういう事も踏まえて、自分という者を観る様に心掛けて生きています。

(^^✿

 

私に取っては、自力で「真理を俯瞰で感じられる様になる」という生き方が理想ですので、他者が説く宗教やスピリチュアルの中の真理に共感できる時には、喜びや楽しさを感じる事ができますし、

 

でもそれと同時に、「他人の説くものが、自分と全て同じ」と感じた事もないかもしれないです。

( ・・) ~ ☆彡

 

 

 

こういう人間に対して、何故か不快感や怒りを覚える宗教家やスピリチュアリストの方も多い様なのですが(笑)、

 

人間が違えば、それは健全で当然である感覚なはずなので、そこが私の「この方は本物であるかないか」を判断するキーポイントにもなっています♫

(^^ゞ

 

 

 

お互いが個々に自力で見付けた「自分の俯瞰で納得できる真理」で、お互いに共感できた時、私達は大きな喜びを体験できるという性(サガ)を持っていますから、

 

私はこれからも、そういう喜びを味わえる自分でいたいと思っております♡

☆_(_☆_)_☆

 

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年