◆甘える勇気 - インテリアコーディネート全般 - 専門家プロファイル

石井 純子
Office-j 
埼玉県
インテリアコーディネーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:インテリアコーディネート

石田 美弥子
石田 美弥子
(インテリアコーディネーター)
氏家 香澄
(インテリアデザイナー)
斉藤 克雄
(インテリアデザイナー)

閲覧数順 2017年02月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

インテリアコンサルタントの石井純子です。
ライフオーガナイズからインテリアコーディネートまで、ステップに応じてアドバイスしています!


人に何かをお願いすることが苦手です。


人に何かをお願いすることと、甘えることは必ずしもイコールではありませんが、甘えることは「悪」だとさえ思っていました。


なので、誰かに助けてもらいながら仕事をするなんて考えられず、常に自己完結を目指していたのです。


もちろん、自分だけでできる仕事なんてほんのわずかですから、実際にはたくさんの方のサポートがあってこそだとは理解しています。


それでも、自分のテリトリーには、誰も入れたくないというのが本音でした。





そんなところを、師匠はよく見ているので、またきっぱりと言われてしまいました。



それはただの驕り。


甘えられないのではなくて、受け入れられないということ。


もっと言えば、受け入れたくないという思いが表面に出てきているんだよ。


自分だけでやっていれば、まわりにも自分がどれだけ大変かアピールできるから。


つまり、自分は大変だ、こんなに頑張ってる、と認めてほしくて「甘えない」という選択をしているだけ。




いやいやホントに、いつも師匠にはガツンとやられます…。




そんなこともあり、先月末から、実は勇気を出して仕事の一部を手伝ってもらっています。


そう、勇気を出して(笑)。


しかも、かなりの勇気(笑)。





そしてようやく気づきました。


甘えることは、甘ったれることではなかった!


自分も相手もスムーズになる甘えもあるんだと。




甘えるためには、相手を受け入れる必要があり、自分も受け入れてもらっているという関係が前提です。


だから、甘えられないということは、相手を受け入れていなかったのかも知れません。



何事も、勇気が必要ですね!


こちらの勇気もおススメです!

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え/ダイヤモンド社
¥1,620Amazon.co.jp




ほんの少しの勇気でライフオーガナイズを学ぶならこちら!

ライフオーガナイズに興味が出たら

 受講生が1500名を超えました!

【自宅でライフオーガナイズが学べます】
いつからでも始められますよ!
<無料メール講座>
ライフオーガナイズ はじめの一歩


【ライフオーガナイザー2級認定講座】

【山梨(甲府)】

3月14日(土)

詳細・お申込みはこちら


【東京(品川)】

3月16日(月)

詳細・お申込みはこちら


【宮城(仙台)】

3月25日(水)

詳細・お申込みはこちら



ランキングに参加してます。

いつも、ありがとうございます。

 |  コラム一覧 |