豊胸バック抜去・入れ替えが必要時期とは? - コラム - 専門家プロファイル

山口優
美容医療ジャーナリスト
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

豊胸バック抜去・入れ替えが必要時期とは?

- good

豊胸バッグでバストアップを行った方は、
数年後には、豊胸バック抜去・入れ替えが必要になります。

豊胸バック抜去・入れ替えは名前の通り、
挿入した豊胸バッグを抜いたり、入れ替えたりする術式です。

拘縮が起きてしまって除去、入れ替えに緊急を要するものもあれば、
デザイン上の除去、入れ替えが必要な場合もあります。

硬くなってしまった状態を放置していますと、
豊胸バッグが破損してしまう可能性も高く
なってしまいます。

そのようなことは回避しなくてはなりません。
豊胸バッグが破損してしまった際には、入れ替えが必要です

また、豊胸バック挿入から時間が経ってしまい、
材料を変えるために入れ替えたいという方も可能
です。

シリコンプロテーゼは多くのクリニックが簡単に手術を終わらせてしまうので、
以下の条件をクリアしているクリニックをお薦めいたします。

・術前から抗生剤点滴をする事
・シリコンプロテーゼ挿入の直前に手術野の消毒をしている事
・生理食塩水によるポケットの洗浄、抗生剤、止血剤の注入、またドレーン留置を行っている事


などの対策を行っている医師を選択する事が必要です。

豊胸バッグ 抜去・入れ替えの美容整形を失敗しないために適切な名医を選びましょう。名医選びについてはお気軽にご相談ください。

ご紹介させていただくクリニックの施術が何度でもずっと割引きとなります。(一部例外あり)全国のクリニックご紹介をご希望の方はこちらからどうぞ。

ご相談番号 090-8435-3332

mail@ba-consulting.org 

カウンセラー担当 山口 遠慮なくご連絡ください。(8時~26時まで)
(※hotmailや携帯のメールを使われる方は、こちらからの返信が届かないことがあります。1日経っても返信が来ない場合、その旨、記載の上、再度ご連絡お願いします。また、ご相談の前にmail@ba-consulting.orgを受信拒否の設定解除をしてください。)


 |  コラム一覧 |