ほめて育てる? - 子供のお稽古全般 - 専門家プロファイル

田崎 寛子
脳トレスクール「アバカス速算」 
兵庫県
塾講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:子供のお稽古

田崎 寛子
(塾講師)

閲覧数順 2017年02月23日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ほめて育てる?

- good

  1. 育児・教育
  2. 子供のお稽古
  3. 子供のお稽古全般
読み書きそろばん そろばん

明石市のそろばん教室「アバカス速算」の田崎です。


いつもご覧いただきありがとうございます。








”褒めて育てる”ということを、時々誤解しているのではないかなと思う保護者の方がいらしゃいます。




「できたね」「賢いね」「お利口さんだね」・・・・・など褒め言葉はいろいろあります。





褒めて育てなければと思うのでしょう。


やたらと褒めますが、聞いているとあまり何に対して褒めているかわからない時があります。





この”褒める”ということを、一貫してできていればいいのですが、自分の気分のままに理由もなく、褒めたかと思えばくどくどと叱る。


他のお友達のいるところで、平気でガミガミと叱る。


子供にもプライドがあります。


  何に対して叱っているのか、具体的に短く叱らないと、


  叱られた本人、キョトンとしています。





専門的なことはわかりませんが、ダブルバインドという言葉があるようで、子供は”褒める親””叱る親”どちらが本当の親なのと思うとか・・・・・


うろ覚えなので、適切な言葉かどうか、詳しく書けなくてすみません。





たとえば、


靴をそろえて脱いだという行為に対して”褒める”


気分が悪くなったお友達を、家まで一緒に帰ってあげたことを”褒める”


など、


具体的なことを”褒める”のはいいことだと思いますし、


子供も何に対して褒められたかがわかると思います





伸び悩んでいる生徒に、ちょっとしたこと、


たとえばそろばんに関係のないことでも構いません。


  「字が綺麗だね」とか


  「いつも遅れずに来てるね」など


ちょっとした言葉で、自分に関心を持ってもらっていると感じ、やる気になって、ぐーんと伸びることがあります。





生徒たちが言います。


お母さん「点数のことしか言わない」





良い点数を取った時しか褒めないと、×を〇にしたり、


こっそり机の下に答えを入れておいて、一生懸命に答えを写しています。


  これ、普段からそれほど点数が悪くない生徒に多いです。


  普段から、よくできる生徒や、点数の悪い生徒はしません。





  練習してほしい・早く検定に受かってほしい、


  勉強で言うなら、いい点数とって偏差値の高い大学に入って、


  一流会社に就職して、ですね。


  親なら誰しもそう思うのが本音ですが、


  それを上手に舵取りするのも親の務めですね。

反対に、あるがままを認めてあげている家庭のお子さんは、たとえ0点でも


「0点やった~」と悪びれずに報告します。


  正直なのはいいのですが、もうちょっと頑張ってよね~





親子も、教師と生徒も、信頼関係が大事です。





信じて待つ。


親は忍耐が必要ですね。








最後までご覧いただき、ありがとうございました。









 




このコラムに類似したコラム

ソロバンって時間測るだけでしょ?家でしますから! 田崎 寛子 - 塾講師(2015/02/10 07:00)

生徒の皆さん。年賀状、ありがとうございます。 田崎 寛子 - 塾講師(2016/01/03 06:00)

読み書きそろばんが教育の原点!! 田崎 寛子 - 塾講師(2016/01/04 06:00)

入学準備に、そろばんを習いませんか? 田崎 寛子 - 塾講師(2016/01/05 06:00)