◆間接照明を楽しむ前に - インテリアコーディネート全般 - 専門家プロファイル

石井 純子
Office-j 
埼玉県
インテリアコーディネーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:インテリアコーディネート

村岡 由紀子
村岡 由紀子
(インテリアコーディネーター)
村岡 由紀子
村岡 由紀子
(インテリアコーディネーター)
村岡 由紀子
(インテリアコーディネーター)

閲覧数順 2017年05月23日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

インテリアコンサルタントの石井純子です。
ライフオーガナイズからインテリアコーディネートまで、ステップに応じてアドバイスしています!



少しずつ涼しくなってくると、気分は秋モードですね。


麦茶よりもミルクティーに魅力を感じたりもします。



気温が下がるとともに、夜の時間が長くなります。


秋の夜長を楽しむために、ちょっと照明にもこだわってみようかな?と思う方もいるかもしれません。


間接照明に憧れているんです、とご相談を受けることも多いですよ。


ところで、この「間接照明」を誤解している人が結構いるのです。


間接照明とは、光を直接当てずに、壁や天井などに当てて、その間接的な光を楽しむものです。


ダウンライトなど、埋め込み型の器具のことを間接照明だと思っている方や、複数の照明器具を使用することを間接照明だと思っている方、そして電球色の温かみのある光の照明器具を間接照明だと思っている方もいます。





ソファの後ろに床置きのライトを設置して光を壁に当てています。


陰影が良い雰囲気ですね。





壁付けの器具で壁と天井に光を当てています。


ベッド周りでは、直接光が目に入らないような工夫も必要です。




間接照明に対して、わざわざ直接照明と言うことはあまりありませんが、ごく一般的な例です。



部屋のほぼ中心の天井部分に設置して部屋を直接照らしています。



照明の役割は、必要な明るさを得ること。


でも、ちょっとだけこだわってみると、いつもの部屋が別世界のように変化しますよ。


やはり、秋の夜長におススメです。


ただし、ご注意を!


壁や天井を照らすとき、思いのほかホコリが目立ちます。


普段気付かなくても、日常生活で案外ホコリはたまっていますよ!


照らされた先の状態も、まずはチェックしておきましょう。


すっきり、さっぱりの状態で、照明にもちょっとこだわって、秋の夜長をお楽しみください。



ライフオーガナイズに興味が出たら、こちら
 受講生が1200名を超えました!
【自宅でライフオーガナイズが学べます】

いつからでも始められますよ!

<無料メール講座>

ライフオーガナイズ はじめの一歩



【ライフオーガナイザー2級認定講座】

●盛岡 9月3日(水) 受付中!
会場:盛岡アイーナ

詳細・お申し込み

今後の予定

9月:川越(埼玉)

10月:品川(東京)



ランキングに参加してます。

いつも、ありがとうございます。
 |  コラム一覧 |