鷲鼻形成を骨切りで行う術式 - コラム - 専門家プロファイル

山口優
美容医療ジャーナリスト
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

鷲鼻形成を骨切りで行う術式

- good

骨切りで行う鷲鼻形成をご説明いたします。

鼻の中を切開し両側からアプローチを行います。

メス・ノミ・ノコギリ・ハサミなどを使用し、
鷲鼻の原因となる軟骨は骨を除去していきます。

ただ除去しただけでは綺麗な鼻にはなりません。
鼻筋も太い状態になってしまっており不恰好な鼻になってしまいます。

ですので、鼻骨基部の側骨を切除し鼻骨を内側に寄せます。

寄せた後に、隙間が出来てしまう部分が生じてしまうため、
ギプスで固定する必要があります。だいたい1週間前後になります。

鼻骨基部の幅寄せが必要のない場合には、
外側の骨切りを行った後に、医師が骨折をさせます。

そうしますと、基部の幅を変えずに、
左右の骨が合わさることで、尖りを出すことが出来ます。

鼻骨基部には触れずに頒布を大きめに骨きりし、
残っている鼻骨に削りをいれ、ハンプを加工して戻す方法もあります。

小鼻などのバランスを見て行わなければ、不自然な鼻になってしまいます。

鷲鼻でお悩みの方は多いと思いますが、
失敗して再度悩まないように名医をご選択になさってください。

鷲鼻形成・ハンプ切除の美容整形を失敗しないために適切な名医を選びましょう。名医選びについてはお気軽にご相談ください。

ご紹介させていただくクリニックの施術が何度でもずっと割引きとなります。(一部例外あり)全国のクリニックご紹介をご希望の方はこちらからどうぞ。

ご相談番号 090-8435-3332

mail@ba-consulting.org 

カウンセラー担当 山口 遠慮なくご連絡ください。(8時~26時まで)
(※hotmailや携帯のメールを使われる方は、こちらからの返信が届かないことがあります。1日経っても返信が来ない場合、その旨、記載の上、再度ご連絡お願いします。また、ご相談の前にmail@ba-consulting.orgを受信拒否の設定解除をしてください。)


 |  コラム一覧 |