なかよし - コラム - 専門家プロファイル

清水英子 
メンタルヘルスコンサルタント
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

なかよし

- good

先週、信号待ちで、交差点角にある調剤薬局の駐車場で、なんとも微笑ましい光景を目にしたよ


どう見ても70代の、おじいちゃんと、おばあちゃんが、手をつないで、薬局まで歩いていてね



若い世代の人たちは、知らないかもしれないけれど、


チャーミーグリーンという台所用洗剤のコマーシャルを、思い出しちゃったよ



これが、まだ、60代の夫婦だと、なんだか、キモチワルイ感じがするようんじゃないかな


と、思ってみたり、50代の夫婦だと、イヤラシイ感じがするんじゃないかなあ…と思ってみたり




おばあちゃんのほうが、ややしっかりした足取りで、半歩ほど、前に、歩いていた感じなんだけど、


おじいちゃんの歩き方も、決して、支えが必要な感じもしなかったし



何よりも、信号待ちの間中見ていたら、一度、つないだ手が離れてしまったんだけど、


直ぐに、おばあちゃんのほうから、ギュッと握った感じがしたから


なかよしって感じがしたんだよね




そのあと、信号も変わって、車を走らせながらその夫婦(?)のことを、いろいろ想像していたよ


長く連れった夫婦なら、いくら仲が良いと言っても、


その長い年月のあいだには、トラブルもあっただろうしねえ


自分に置き換えて考えてみても、仲が悪いわけではないんだけれど


手をつなぎたいという気持ちは、微塵もないわけで…


ま、石橋凌のような,ステキな旦那様なら


ちょっとはそんな気持ちも起こるかもしれないけれどさあ


なんだか、なかよし夫婦の過去を覗いてみたい気がしたよ



もしかして、遅い再婚??


デイサービスで知り合って、恋に落ちたのかも…とか、


耳鼻科の前の調剤薬局だから、耳がよく聞こえないのかも…だから とか…



しばらく考えてたら、色気のない、現実的なオチにたどり着いたよ



けどさ、手をつないでいる様子って、親子にしても、高校生にしても、なんだか、いいもんだよね


信頼してますみたいな、確かなものが、そこにあるって感じ~











 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(メンタルヘルスコンサルタント)
清水英子 

まず、話すことが第一歩。私に話してみてください。

私のところに、たどり着いた方々のこぼれ落ちる涙を見るたびに、ココロの腕で抱きしめてあげたくなります。話すうちに、笑顔がこぼれ、元気になっていくのをみていると、人間本来の持っている力を感じ、次のカウンセリングに続く原動力となっています。