シグモイド曲線 - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

井上 敦雄
アッツワークス株式会社 代表取締役 犬旅コンサルタント
ITコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

井上 敦雄
井上 敦雄
(ITコンサルタント)
本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
横田 秀珠
横田 秀珠
(Webプロデューサー)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2017年02月26日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

IT業界で働くシステムエンジニアの皆様

アッツワークスの井上です。
おはようございます。

もう、2月も最終週ですね。
早すぎます。



2014年も6分の1が過ぎ去ることになります。
ということは、年間の目標の1/6を達成していないといけません。
と、以前なら普通に書いていたのですが、実際には、そうではないことに気付きました、というか知りました。


それは、成長曲線。


もちろん、目標の種類にはよるのですが、ほとんどの目標は、S字曲線を描く、ということです。

「シグモイド曲線」「S字曲線」

一般に、目標を達成しようとすると、一直線に達成できるような錯覚に陥ります。

売上1億を達成するためには、月に1,000万の売上を確保する必要があります。
が、等分ではない、という意味です。

初月は500万、次は550万、と来て、正しい方法でがんばり続ければ、ある地点(変曲点)を迎えて、月商1,000万、次は1,500万となって、トータルで1億達成する、という理論です。

で、ここが大切なのですが、変曲点を迎えるまで、とにかく行動する。
その前にあきらめちゃうともったいない。

この変曲点、いつ来るかわからないところが難しいのですが、正しい方法で行動している、ということを信じないといけません、そして、変曲点が来ることを信じる。

これも法則なので、仕方ありません。
知っているか知らないかで差がつく法則のひとつです。

また、書きます。

 |  コラム一覧 |