勝手口の丸いノブの鍵 ~握り玉交換~ - 防犯対策全般 - 専門家プロファイル

ヘルプキーマン 三岡
ヘルプキーマン 代表
大阪府
防犯アドバイザー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

勝手口の丸いノブの鍵 ~握り玉交換~

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 防犯
  3. 防犯対策全般

どうも、ヘルプキーマンです(´・ω・`)



写真は、住宅の勝手口のドアやアパートのドアに



よくついている丸いノブの鍵で、インテグラル錠と言います 



丸いノブのことを握り玉と言いますが



その中でも、本体錠ケースが扉の中に入っていて



なおかつ扉を開け閉めするラッチボルトと



鍵を開け閉めするためのデッドボルトがついている物を



インテグラル錠といい



本体錠ケースにラッチボルトしかついていないものを円筒錠と言います



インテグラル錠は、外からはキーを使って施開錠し



中からはサムターンによって施開錠しますが



円筒錠の場合



中からボタンまたはサムターンによって鍵をかけてから扉を閉めると



ノブがロックされ施錠されます 



外からの鍵は開錠のみに使われ外から鍵で閉めることはできません 



一般的に、円筒錠は部屋の間仕切り錠やトイレなどに



インテグラル錠は勝手口などに使われていることが多いです 



インテグラル錠の場合、本体がダメになり錠前本体セットで交換する場合もありますが



内外の握り玉または、外の握り玉だけを交換することが多いです 



この場合握り玉が最低単位であり



握り玉の真ん中のシリンダーのみを交換することはできません 



握り玉交換か本体セット交換になります 



最新の扉の場合勝手口の扉もある程度頑丈に作られていますが



古い物の中には扉の強度が脆弱なものも中にはあります 



その場合1ドア2ロックにするか、別に非常口となる玄関があるならば



勝手口を両握り玉

(内側も外側も両方シリンダーになっていて鍵を使って開け閉めする握り玉のこと)



にすることが防犯的には最良だと思います 



しかし、その場合出入り口が一つしかなく、その扉が緊急時の非常口ならば





防災の観点から普通の握り玉にしておく方がいいかと思います



何度も言っていますが、最低限の備えとして



今の時代のピッキング耐性の高い錠前をつけましょう



握り玉の交換は 0120-352069

握り玉の交換・鍵交換・イモビライザー複製 は寝屋川の鍵屋ヘルプキーマン

http://www.help-keyman.com

このコラムに類似したコラム

古い丁番や扉の立てつけおかしかったらそのままにしないで ヘルプキーマン 三岡 - 防犯アドバイザー(2013/12/15 11:30)

在宅時の防犯対策としては、かなり頑丈 ヘルプキーマン 三岡 - 防犯アドバイザー(2013/10/09 11:30)

防犯対策するときにまずすること ~1ドア2ロック~ ヘルプキーマン 三岡 - 防犯アドバイザー(2013/12/11 11:30)

頑丈にカッコよく、ハンパない対応力 ~WEST 917シリンダー~ ヘルプキーマン 三岡 - 防犯アドバイザー(2013/12/07 11:30)

寒いな ヘルプキーマン 三岡 - 防犯アドバイザー(2013/12/01 11:30)