坂井 利行(探偵)- コラム「暗闇と探偵とISO」 - 専門家プロファイル

坂井 利行
探偵・調査業務の経験から各種解決策をご提案させて頂きます。

坂井 利行

サカイ トシユキ
( 神奈川県 / 探偵 )
プライベート・シャドー 代表
Q&A回答への評価:
4.5/12件
サービス:0件
Q&A:18件
コラム:58件
写真:1件
お気軽にお問い合わせください
0466-83-1011
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ

グループ

専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼
探偵・調査に関するお問合せは直接、事業所の方へお願い致します。(※外部サイトへのリンクです)
調査のご相談

暗闇と探偵とISO

- good

2019-07-03 13:39

 自分が探偵を始めた30年近く前には、暗闇の撮影でもフィルムカメラが主体となり、かなり困難でIRフィルムを用いて赤外線カメラへと改造したり、最終的にはフラッシュを光らせ撮影し逃げる!などなど、ほぼ不可能のレベルでした。
 当時フィルムカメラでは、フィルム感度(ISO)100(通常記念撮影レベル)~3200までが市販されておりISO3200においては専門店や取り寄せでないと手に入らず、基本的にはISO1600での撮影が主となっていた。

 

 その後、SONYがナイトショット付のビデオカメラを発売し支流が、これらのビデオカメラへと変動。現在でも支流と言って過言ではない。

 

 そんな中デジタル一眼レフでは、SONYが「α7」PENTAXが「KP」とISO感度を数十万まで上げられる機種を発表。
しかも本体価格は10万円前後と手頃な価格となり、こだわりのある探偵は使用しだしているようです。

 

 またカメラメーカーとして歴史の古いCanonやNikonの最高機種「EOS 1DX」「D5」では、ISOと画質のバランスを確実に計算し、ISOマックスは劣るもの肉眼で見えないレベルを撮影は可能。ISO合戦のみに焦点を合わさず画質の良さで、現在でも報道撮影などプロ機として使用されています。

 

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム写真