都立高校推薦入試応募者数確定! - 高校受験対策 - 専門家プロファイル

後藤 高浩
株式会社ジー・エス 代表取締役
東京都
塾講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:子供の教育・受験

広瀬つみき
(2歳3歳専門の子育てアドバイザー)
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

都立高校推薦入試応募者数確定!

- good

  1. 育児・教育
  2. 子供の教育・受験
  3. 高校受験対策
教育 受験情報

都立高校推薦入試の出願が出揃いました。正直驚きました。例年と較べて多少出願者数は減りましたが、微減に留まったのです。(昨年31,239→今年29,492人 5.6%減) 少子化に伴い、高校の定員も減らしているため、実質倍率は上がっている状況なのです。(昨年2.9倍→今年3.2倍)
今年から全校で、面接・作文に加えて、集団討論が実施されることになり、ほとんどの高校で入試が2日間に渡って行われることになりました。受検生の負担がかなり増したため、応募者はかなり減るのではないかと言われていました。私は、2割程度は減るのではないかと予測していました。蓋を開けてみたら、5.6%減というのは誤差の範囲で、やはり都立人気は強いなぁというのが実感です。今年も、都内の中3在籍生徒の38%が出願したことになります。
全体的には、女子の方が応募者数が多くなっています。普通科だけの平均倍率で見ると、男子が3倍、女子が3.9倍です。学校別に倍率の差はありますが、あまり全体的な傾向は認められません。トップは新宿高校で実質9.6倍(今まで記憶にない高倍率です)の争いです。私がとても気になっているのは、中高一貫校の入試です。もともと全体の定員が少ないために、推薦入試の枠がとても少ないのです。例えば、大泉の女子は定員8名に対して応募が9名! つまり、1人だけ落とされるということです。(都立の推薦入試は定員以上に合格者を出すことはありません) まして今年は集団討論があります。男女別に討論をするとしたら(9人でやるのか、2グループに分けるのかわかりませんが)、「この中で1人だけ落とされるのか…」と思いながら討論を進めるわけで、受検生たちの心中を察すると胸が痛みます。ペーパーテストなら敵が見えにくいため、あまりそういう気持ちを持たずに済みますが、集団討論では否応なくお互いに顔を見合わせて戦わなくてはなりません。つい、足の引っ張り合いをしたくなったりしないかな… 誰だ、こんな入試の形式を考えたのは!

生徒たちに、学校での練習の様子等を聞くと、かなり「ぶっつけ本番」で臨む生徒たちもいるようです。作文もほとんど練習していなくて、時間内にマス目を埋められなかったり、「集団討論って何それ?」と言っている生徒がいたり… 負担が重くなるので、推薦入試を回避する生徒が多くなると考えていましたが、もしかすると、一般の生徒たちは、負担が重くなる程には対策を立てていないのかもしれません。中学校の先生も含めて、ほとんど内申点の順番で合格者がきまっていた昨年までと同じつもりでいるのかもしれません。(今年は内申の比重は半分しかありません)

そうこうしているうちに、いよいよ明後日から都立高校の戦いの幕が開きます。

このコラムに類似したコラム

熊本国府高校での指導(2013年度第5回) 原田 将孝 - 塾講師(2013/09/02 21:15)

尾道北高校3年生向け「学習の作法」講座 原田 将孝 - 塾講師(2013/04/26 10:57)

最新 H25年度愛知県公立高校入試A日程解説&B日程対策 坪内 康将 - 塾講師(2013/03/12 14:47)

都立中応募者数確定! 後藤 高浩 - 塾講師(2013/01/25 15:14)

入試の合格最低点は低い 後藤 高浩 - 塾講師(2012/12/07 16:17)