人権を考える3-2 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

敷浪 一哉
有限会社シキナミカズヤ建築研究所 
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

人権を考える3-2

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
こんな状態では現地から声を出すことすらできないのは当然だろう。日本の報道は中国当局からの発表をそのまま伝えている。その発表はチベットでの騒動をテロリストや暴徒という表現を使っていた。それをそのまま伝える日本の報道って何なんだろうと思ってしまう。素人目に考えても抑圧からの脱却であると容易に考えられるんですが。こういう一つ一つが我々にも偏ったイメージを植えつけているんだろうな。

 だんだん気持ちの整理ができてきた。「なぜ統治する?」という部分については、まだ歴史認識が薄いし、勉強不足でわかっていない。しかし、その統治の方法が異常すぎる。人間を人間として扱っていないということだけはわかった。少なくとも、そういう行為は止めてくれ!という気持ちにはクリアになった。自分に何ができるのか。デモに参加して声を張り上げることは簡単にできるのだが、なんか違う気がする。僕だからこそできることを考える。