まずは転がってみよう! - キャリアコーチング - 専門家プロファイル

冨永 のむ子
パーソナルクレド舎 COO クレド作家
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

まずは転がってみよう!

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. キャリアコーチング
最近思うのは、これまでに起こったことの全てが
無駄ではないなということ。

自分に振りかかってきた、その当時はやっかいだった出来事も、
全ては今の自分を作っている。

特に息子が病気もちで生まれたこと。

そう思うのは息子には申し訳ないのだけど、
得たものははかりしれない。

計画していた事業が頓挫して、鬱になったおかげで、
人にはどうしても頑張れない時があるのを知った。

そんな体験や経験によって今こうしている自分がいる。

有り難い〜。

話が変わりますが、今の事業を意識しだした頃、
会社員時代の、それこそ「The キャリア」は、
関係ないから手放そうと思ってました。

でも、今いろんな方面で仕事をしていると、
それらが形を変えて役に立っていくことを感じる。

精神的にもスキル的にも充実感があって嬉しい〜。
だからこそ、ちゃんと人のお役に立つように、
やっていきたいと思う今日このごろです。

キャリアという言葉から、仕事の経歴をイメージする人は多いですよね。

でも英語のcareerは、経歴、履歴だけでなく生涯という意味も。

心理学者のD・スーパーによると
「人生を構成する一連の出来事と、役割の積み重ね」だそう。

うん蓄はいいとして、

キャリアって生きていくことそのものかなと。

たまに「私なんて何のキャリアもなくって」という声を聞くことがある。
そんなことないよ!って心から思う。

生きていれば、多かれ少なかれ色んなできごとに出くわす。
それはとっても大切な財産。自分にしかない価値。

何かを始めたければ、スキルは身につければいいだけ、
何歳からだってスタートできる!
・・100m走でオリンピックに出るのは無理かもしれんが・・(汗)

年だとか、条件とか、社会的にどうとか、そんなの関係ねえ〜♪
そんなふうに思います。

なぜか突然「転がる石は苔むさない」という言葉が浮かんだ・・・。
(ミックジャガー様なんて60過ぎてもギンギン。すごい!)

まずは転がってみようぜってことかなあ。