アメリカインターンシップ先の見つけかた - 海外インターンシップ - 専門家プロファイル

今入 亜希子
USカレッジコネクション エグゼクティブディレクター
留学アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:海外留学・外国文化

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

アメリカインターンシップ先の見つけかた

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 海外留学・外国文化
  3. 海外インターンシップ
アメリカ留学

U.S.カレッジコネクションは2013年からアメリカインターンシッププログラムへの登録サポートを行えるようになりました。ただし、この場合、当社は研修先の企業を斡旋するということではなく、あくまでも研修先が決まっている方のビザスポンサー先となるインターエクスチェンジ社の交流プログラム登録をサポートするという役割となります。

アメリカでの研修先は御自身で決めることになりますが、それができるのであれば、交流プログラム参加をリーズナブルな費用で実現することができるのです。

今回はアメリカでのインターンシップ先の見つけ方をご紹介します。

アメリカ社会は特に、本格的に社会に出る前、学生のうちや、新卒者が研修を行い経験を高めることは広く行われており、やり方さえわかれば、研修先を見つけるのは難しいことではありません。

インターンシッププログラム実現のプロセス

第1ステップ:履歴書(Resume)を作成する。

第2ステップ:アメリカの大都市に存在するフリーペーパーにある求人、希望会社がある場合にはその会社の人事(Human Resources)、あるいはインターンシッププログラムなどがあればそれに応募をする。

第3ステップ:スカイプなどでインタビューを受ける。

第4ステップ:インターンシップ先からの仕事オファーがありしだい、交流ビザスポンサーへ登録をしてDS-2019を入手しビザ申請をする。

第5ステップ:いよいよ渡米

研修を希望する会社へ直接履歴書とカバーレターを送り反応を待ったり、企業によってはインターンシッププログラムを出しているところも多くありますので、そのようなプログラムに応募することもできます。

ホテルや観光業界は積極的にインターンを受け入れていますし、リゾートやホテルに直接連絡をしてみることも有効です。

日系企業であれば、フリーペーパーの広告などから、企業の連絡先が容易にわかりますので連絡ができます。

知り合いなどを経由して、研修先を見つけることももちろんありです。

インターンシッププログラムは企業がビザスポンサーになる訳ではないので、会社側の出費もほとんどなく、海外からの研修生を受け入れることを受諾してくれるケースが多いと言えます。必要なのは、積極的に会社にアプローチをかけるということです。

英語での履歴書とカバーレターをしっかり作ることができれば、あとはとにかく多くの会社に問い合わせをしてみてください。

U.S.カレッジコネクションでは履歴書やカバーレターの添削サポートも行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

このコラムに類似したコラム

カナダに永住しよう! 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2016/07/22 22:01)

カナダに移民しよう! 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2016/07/02 14:33)

私の留学は何留学? 須長 幸子 - 留学アドバイザー(2015/07/23 03:21)

英語しか/英語さえも話せないビジネスマン達の行く末。 川尻 秀道 - MBA留学コンサルタント(2015/06/20 08:00)