アルミサイディングの欠点とは その2 - エクステリアデザイン - 専門家プロファイル

昭和アルミ株式会社 
埼玉県
建築プロデューサー
0120-870-457
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:エクステリア・外構

江藤 繁
江藤 繁
(エクステリアコーディネーター)
小林 勝郎
(エクステリアコーディネーター)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

アルミサイディングの欠点とは その2

- good

  1. 住宅・不動産
  2. エクステリア・外構
  3. エクステリアデザイン
アルミサイディング外壁材について アルミサイディングの欠点とは??
それともう一つのアルミサイディング外壁材の欠点として、色やデザインのバリエーションが少ない事です。

これは、アルミ超合金を素材にして、外壁材を生産する場合、素材のコストが高い場合、大量に生産をしないと、外壁材製品にした場合のコストが高くなってしまう為、色やバリエーションが多くなるとコストが高くなり、家一件分のアルミサイディング外壁材として製品化した場合、かなり割高のコストになってしまう為、色、バリエーションは少なくしてあります。

昭和アルミでは最高級の5000番系の金属でしかその風合いがでない、色、バリエーションで、アルミ金属には見えない、高級感と長い年月が経っても見劣りしない、最高の質感を出しております。

どんなにいいものでも利点と欠点があります。

外壁材は人間の営みと生命を守ってくれる、大切な住環境を守ってくれる、建物(住宅)です。一生この住宅を生活の基本柱となる場です。

今、これからの将来、生活の拠点として、大切な場ですので、生命を守ってくれる住宅を守ってくれる外壁材なのか? また、毎日の生活の場ですので、私たち、の人間の身体の健康を守ってくれる、住環境の良い、住宅にしていくのか?  よく見極めて、外壁材を選択していかれたら、良いかと存じます。

外壁材の欠点と利点だけを判断をしていくのか、また、その外壁材をすることによって、住宅に対する良い影響を与える、利点の外壁材なのか、悪影響を与えるような欠点になる外壁材なのかをご判断をされて、今後の新築や外壁リフォームを考えていかれることが、失敗や後悔のない、新築住宅、また、失敗しない、後悔しない、外壁リフォームをすることができる物と存じます。

参照ブログサイトこちらへ 昭和アルミ公式ブログサイト

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築プロデューサー)
昭和アルミ株式会社 

SOIV工法の外断熱通気リフォームで今の家が新築のように甦る

当社は外断熱リフォーム専門メーカーです。リフォームはアルミ超合金を用いた独自開発の資材と、独自の外断熱通気性工法「SOIV工法」で、高い断熱効果と通気性を実現しています。家は生活の基本です。安心・確実な家造りのため、私たちが直接施工も行います。

0120-870-457
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「アルミサイディング外壁材について」のコラム