戦略思考とは - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

大平国際特許事務所 所長弁理士
神奈川県
弁理士
090-4227-0184
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
西野 泰広
(経営コンサルタント)
大坂 寿徳
(保険アドバイザー)
石川 雅章
(広告プランナー)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
企業でビジネスをしていると、例え、特許侵害であっても見逃したり、逆にほとんど勝ち目が無いのに訴訟を提起したりすることがあります。

これはそうした方が事業としての利益が増えるためです。目先の利益を犠牲にしてももっと大きな利益を得る、という戦略です。

知的財産の場合も、権利になる可能性が高いから、というだけで出願していてはいくらお金があっても足りません。

逆に、権利化は非常に難しいが、もし、権利化できれば非常に強力な権利になる、というような場合は、ダメでもともとで出願する、ということもあります。何とかしてあの手この手で権利化できれば他社への参入障壁になるからです。

単に目先の権利取得だけでなく、長期的、戦略的な観点からどういう形で自社の事業を守っていくのか?どうすれば収益を最大化できるのか?という視点で知財の取得、活用戦略を立てる必要があります。

そのためには、企業の事業戦略を知っておく必要があります。

ところが、弁理士の場合、そこまで聞けることは稀でむしろ、商品化直前に出願依頼が来たりします。企業知財部でも全ての製品を把握することは今のように製品数が増えてくると難しくなってきます。

そういう時代だからこそ、知財戦略はますます重要になって行くでしょう。弊所はマーケティング、経営戦略にも精通しており、知的財産戦略立案にも全力をあげて取り組んでおります。
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 弁理士)
大平国際特許事務所 所長弁理士

先端科学技術と知財活用の両方に精通した、農学博士の弁理士です

お客様の保有する知的財産を活用して事業を守り、競争優位を獲得できる知的財産戦略構築を行います。それに基づき戦略的に出願し、権利取得を行うことで有効な特許網(特許壁)を構築し、事業を独占することによりお客様の売上と利益の最大化に貢献します。

090-4227-0184
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。