私編-16(退職) - 転職活動サポート - 専門家プロファイル

株式会社プレスクリエイト 
求人とキャリアのコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:転職・就職

新垣 覚
新垣 覚
(転職コンサルタント)
清水 健太郎
清水 健太郎
(キャリアカウンセラー)
藤原 純衛
(転職コンサルタント)
西澤 靖夫
(転職PRの専門家&キャリアカウンセラー)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

私編-16(退職)

- good

  1. キャリア・仕事
  2. 転職・就職
  3. 転職活動サポート
愛と幻想の転職・就職 転職実話 今昔物語
 入社してから2度目の 退職の宣言も 
あっさりとはいきませんでした。
前回と同じ 班長→係長→課長 と巡りめぐっていきます。

「君に営業はムリ」
「営業は 辛い 失敗する」
「いずれ 結婚したら 思う きっと この仕事がよかったと」
「部署変更も考える」
「もうすぐ賞与やから それまで 待て」

などなど ありがたくも 順番に そのような引き留めを
していただきました。
 しかし 誰一人 私の 能力が惜しいなど 
そういう声はきけませんでした。(笑)
それだけに
 なぜ?引き止めるのか そんなに 新卒入社が辞めると困るのかなぁ?
という風にも思いました。

 「いえ もう決めました すいません ありがとうございます」

ただの この コメントのみ で押し通し 心が揺らぐこともまったくなく
めでたく 退職決定となりました。
 本気で 転職 となると 何を言われても 揺らがないのだな と
そして 揺らがなければ 誰も 退職を止めることはできないのだな と
勉強になりました。

退職決定後 ほどなく 引継ぎ 誰が辞めても それほど問題に
なるような仕事でもないので 人間関係ぐらいでしょうか。
よくしてくれた 先輩 の数人が 惜しんでくれただけでしたが。

退職日も決定し 次の 転職先へ 
 入社前に 顔を出すという日がやってきました。 
そこでまたまた 衝撃が…

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(求人とキャリアのコンサルタント)
株式会社プレスクリエイト 

求人や採用の専門家です。企業M&Aコンサルもしてます

25年以上求人広告に携わり、採用コンサルや人材紹介業、企業の人事顧問もさせていただいたりしています。求人サイトや集客サイトも10年前から運営しています。キャリアコンサルタントとして転職や就職、起業のアドバイザーも行っています。

カテゴリ 「愛と幻想の転職・就職」のコラム