定量部分の「格付け」項目(5) - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

澤田経営研究所 代表
群馬県
経営コンサルタント
027-322-7492
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
西野 泰広
(経営コンサルタント)
大坂 寿徳
(保険アドバイザー)
石川 雅章
(広告プランナー)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

定量部分の「格付け」項目(5)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
資金調達 定量部分の「格付け」項目(5)
2.収益性の項目
(1)売上高経常利益率(経常利益/売上高)
   定義…営業活動で稼いだ営業利益に支払利息や手形割引料などの金融負担、為替差損益、雑損
       益などの営業外損益を考慮した利益が経常利益だから、この指標は1年間の事業活動
       を総括する指標といえる。(事業活動の結果を見る指標)
   格付けが「正常先」であるとみなされる値
       これについては、1項目だけで「正常先」かどうかという格付け基準にはならない
       が、7%以上なら申し分ない。
   分析のポイント
       借入依存型の中小企業や貿易比率が高い会社は、営業外損益に注目しなければならな
       い。支払利息割引料や為替差損で経営が圧迫されることが多いからである。
       営業外費用が営業利益を食ってしまうタイプの企業は、経営の体質強化と戦略の立て
       直しが肝要である。重装備型で固定費が過大な場合は、設備稼働率と生産性向上にメ
       スを入れる。余剰人員を抱えている場合は、営業など直接部門の拡大や多角化を進め
       る。また、当面は減量経営を断行し、人件費その他の管理費を圧縮し、欠損計上を回
       避する体制づくりが不可欠。そして、長期計画による企業体質の改革を進める必要が
       ある。

                           <次コラムへ続く>

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(群馬県 / 経営コンサルタント)
澤田経営研究所 代表

ミッションは、コンサルタントを必要としない企業に変革すること

「コンサルタントを必要としない企業体質にする=自力経営支援」をミッションに掲げ、企業の着実な発展を支援します。現状を打破したいという経営者の思いを受け止め、徹底した現場主義を貫き、御社の一員として全力で取り組ませて頂きます。

027-322-7492
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。