彼の気持ちが分かりません、という人へ 3 - 恋愛の悩み・問題 - 専門家プロファイル

阿妻 靖史
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:恋愛

堀江 健一
堀江 健一
(恋愛恐怖症・心の問題カウンセラー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

彼の気持ちが分かりません、という人へ 3

- good

  1. 恋愛・男女関係
  2. 恋愛
  3. 恋愛の悩み・問題

恋愛セラピストのあづまです。

彼の気持ちが分かりません、という人へ2」の続きです。

自分の価値が、彼の気持ち次第になってしまっているところに問題があります。
彼が自分のことを好きでいてくれたら、自分も自分を好きでいられるけれど、彼に嫌われてしまったら、こんな自分のことを自分で好きになるなんて無理。
自分の価値を自分で信じることができる気持ちのことを「自己肯定感」とか「自己評価」といいます。これが低いと、自分を好きでいられるかどうかが、相手次第になってしまいます。

きっと、「他人の評価に関係なく自分は自分を好きでいられる」という感覚がまだ分からないのでしょう。
でも、そういう感覚があるのだと言うこと、そしてそれが欠けていることが根本原因だということを知るところが解決の第一歩です。

自分の価値は自分の価値として、しっかり持っていれば、目の前の相手が「他人を愛せないほど辛い状態にある」ということを読み取るのは簡単です。だって、見るからに辛そうなわけだから。
「彼は今私を愛することができない」=「彼は辛い」
それだけです。

自分の価値が、彼が愛してくれるかどうかに依存していると、
「彼は今私を愛することができない」=「私には価値がない」
というように、判断がねじ曲がってしまいます。
これでは、彼のありのままの状態を理解することができません。

ここまでは、「依存」の罠にはまっていて恋愛がうまく行っていないパターンについて書きました。
ここからは、「自立」の罠にはまって恋愛がうまく行かないパターンについて書きます。

恋愛や結婚生活がうまく行かない心の持ち方に「損した」「ババ引いた」というものがあります。相手の嫌なところを見たり、問題が起きたときに、「損した」「ヘンな相手を選んでしまった」「ババ引いたかも」と思う心のことです。

彼の気持ちが分かりません、という人へ4」に続きます。

「恋愛の悩みに関するコラム:女と男の心のヘルス」

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

メールの返事が遅い相手。どうしたら返事がもらえる? マーチン - 恋愛アドバイザー(2011/03/05 01:49)

恋愛体質の光と影~自由な感情と、依存症の違い 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2013/04/19 14:00)

恋愛ニューロロジカルレベル 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2013/04/14 21:00)

自分の無意識にも責任を持つ、という高い意識を。4 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2013/04/12 14:00)

自分の無意識にも責任を持つ、という高い意識を。2 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2013/04/05 14:00)