定量部分の「格付け」項目(4) - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

澤田経営研究所 代表
群馬県
経営コンサルタント
027-322-7492
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
福岡 浩
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

定量部分の「格付け」項目(4)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
資金調達 定量部分の「格付け」項目(4)
(5)自己資本比率(純資産/総資産)
  定義…会社の総資産に占める純資産(自己資本)の割合を示し、企業体質の健全性と不況抵
       抗力の強さを示す指標。
  格付けが「正常先」であるとみなされる値
       これについては、1項目だけで「正常先」かどうかという格付け基準にはならない
       が40%以上なら優。
  分析のポイント
       自己資本は、払込資本金と内部留保(法定準備金及び利益剰余金)の合計だから、返
       済する必要のない最も安定した資金。利益を無視して売上ばかりが増加すると、総資
       本も増えこの比率が悪化する。倒産企業を分析するとこのケースが多い。
       株式による資本金は配当という資金コストがかかるが、内部留保はコスト0。
       従って、内部留保の多い自己資本の方が質的水準は高いことになる。但し、借入金は
       一度に多額の資金調達ができるが、内部留保の積み増しではそうはいかない。
       この比率が20%〜30%は良、20%未満は自己資本が安定しているとはいえな
       い。
                                <次コラムへ続く>

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(群馬県 / 経営コンサルタント)
澤田経営研究所 代表

ミッションは、コンサルタントを必要としない企業に変革すること

「コンサルタントを必要としない企業体質にする=自力経営支援」をミッションに掲げ、企業の着実な発展を支援します。現状を打破したいという経営者の思いを受け止め、徹底した現場主義を貫き、御社の一員として全力で取り組ませて頂きます。

027-322-7492
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。