ITベンダーとユーザー企業の関係 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ITベンダーとユーザー企業の関係

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
IT化

中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。
今日はITビジネスについてのお話です。

ITビジネスの現場において、技術面の進歩は目を見張るものはありますが、技術を取り巻く環境面に大きな変化はありません。

インターネットを中心とした技術面の進歩は飛躍的な成長を遂げ、ホストから、クライアントサーバー、Webシステムへと発展を遂げてきました。

これからもスマホやタブレット端末など、さらなる発展が見込まれています。

それに対して技術面を取り巻く環境、特にITベンダーとユーザー企業の関係に大きな変化は見られません。

ITビジネスを進めていくためには、ITベンダーとユーザー企業双方の協力が必要になるわけですが、ユーザー企業はITベンダー対して大きく期待し、ITベンダーもユーザ企業に大きく期待しています。

この構図は、長年変わっておらず、多くのトラブルプロジェクトの原因になっているわけですから、現実的な選択肢に目を向けるべきでしょう。

期待に応えられないのは、時間がない、人が足りない、スキルが足りないといったことに起因することが多いわけですから、対策の施しようはあるはずです。

後ろ向きな議論をしている時間こそが、無駄なコストを浪費しているのだと認識すべきです。

浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「IT化」のコラム

メガネ型ウエアラブル端末(2016/11/30 09:11)

このコラムに類似したコラム

ITビジネスに対する取り組み姿勢 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/03/07 10:53)

インターネットのビジネス活用 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2015/06/30 11:02)

ドローンのビジネス活用 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2015/06/23 09:31)

リアルな場を軽視してはいけない 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2015/04/16 10:21)

ITビジネス・インターネットビジネスのプロとして一言 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2014/08/08 08:10)