Web構造は、HTML4.01 ではなく XHTML1.0 が良い - ホームページ・Web制作全般 - 専門家プロファイル

いせき けんじ
株式会社ファーストニード 
ITコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ホームページ・Web制作

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

Web構造は、HTML4.01 ではなく XHTML1.0 が良い

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ホームページ・Web制作
  3. ホームページ・Web制作全般
W3C準拠とは? Web標準

Webの構造言語 HTML と XHTML と XML



Webの構造言語は、HTML - XHTML - XML と3種類ありますが、
現在は、XHTML を利用するのが一般的です。

Web制作業者でも、未だに HTML4.01 で記述しているサイトも多い中、
なぜ、あえて難しい記述の XHTML1.0 なのでしょうか??

それにはいくつかのメリットがあるからです。


処理速度向上による安定動作



XHTML は厳密な書式が求められます。
それだけ、エラーチェックツールなどでクリアすることが難しくなります。

記述がそれだけ厳密になれば、それを読み込むブラウザや、''検索エンジンロボット''には
負荷がかかりにくくなります。

サーバーにかかる負荷も軽減されます。

ユーザーとしては、より高速で表示されるサイトになり、ブラウザの動作も安定します。

つまり、ユーザーにとってストレスのない、より良い閲覧環境を提供することが可能なのです。


未来の XMLアプリケーションに対応



XHTML であれば、今後登場してくる XMLアプリケーションを利用する場合にも
仕様変更する必要がありません。

旧式ブラウザなどでも十分対応しているうえ、未来の環境にも適応できるのです。




さて、ここまででいかがでしたか??

Web制作のプロチームは、当然 XHTML1.0 を使用します。
もしまだ、HTML4.01 記述をしているなら、早めに対応しておかないといけませんよ。
(構造言語の確認は、ページのソースを見れば、最上段に書かれています。)



次回は、
XHTML1.0 でもいろいろある。一体どの文書型を使えばイイの?(仮称)
をお送りします(^^

ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。



W3C準拠 世界WEB標準 による SEO対策 と SEM
いせきけんじ コンサルティングサービス