公式の意図は・・・ - ホームページ・Web制作全般 - 専門家プロファイル

高坂 泰三
株式会社アドミクス 取締役
Webプロデューサー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

公式の意図は・・・

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ホームページ・Web制作
  3. ホームページ・Web制作全般
ネットショップ 公式について
前回のコラムで、ネットショップの売上アップには、次の公式で検討してくださいと
ご紹介しました。

 売上 = アクセス数 × 購入率 × 単価


さて、その前に自店舗のアクセス分析は、済まされましたでしょうか?

【例えば】
1日に100人がアクセスして、1ヶ月で3000人。

1ヶ月の購入者が15人なので、購入率は0.5%
               (15÷3000×100)

ということは、200人来訪したら、1人買ってくれるのか。

今月の売上が10万円だから、客単価は約6700円。

-----------------------------------------------------------------
と、こんなふうに概要がつかめますね。

それでは、もし仮に
●アクセス数が、2倍になったら
●購入率が、2倍になったら
●客単価が、2倍になったら  どうでしょうか?

そうです、売上は8倍になる 可能性があります。

もちろん、そんなに簡単にすべてが達成できるわけではないですが
それぞれの、数値を上げる対策を個別にトライしていけば
結果につながってきます。

それでは、どの順番から、始めればいいのでしょうか?
アクセスアップ? 購入率? 客単価?

これは、みなさんの個別事情にもよると思いますが、
購入率を上げることから、考えてみてはいかがでしょうか?

アクセスアップも、もちろん大事なのですが、サイトを見に来た方が
そのサイトに興味が持てなかったら、直帰されてしまいます。

PPC広告(オーバーチュアやアドワーズ)で、せっかくお金を払って
集めたお客様に直帰されてしまうと、つらいですよね。

ということで、まずは購入率をアップさせるために
自社サイトの見直しから、説明したいと思います。

次回につづく