建築工事期間中における工事業者倒産リスクの回避方法 - 新築工事・施工全般 - 専門家プロファイル

菊池 克弘
都市環境建設株式会社 代表取締役
東京都
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:新築工事・施工

秋葉 忠夫
秋葉 忠夫
(工務店)
杉浦 繁
杉浦 繁
(建築家)
菊池 克弘
(建築家)
田中 伸裕
(建築家)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

建築工事期間中における工事業者倒産リスクの回避方法

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 新築工事・施工
  3. 新築工事・施工全般
契約関係 注意事項

 建築工事期間中に工事業者が倒産となってしまった。このような場合、建築主は膨大なリスクに直面してしまいます。どのようなリスクがあるのかといいますと、

1.請負契約上、工事の出来高以上の金銭を支払ってしまっていて、その差額分が戻らなくなってしまう。 

2.例え金銭的な損害が発生していなくても、残りの工事を完成させてくれる業者がみつからない。

 さて、このようなリスクを回避するには、どのような方法があるのかといいますと、私は、株式会社ERIソリューションが運営する、「建築資金出来高支払管理制度」の利用をお勧めいたします。この制度はどのような制度かといいますと、建築工事代金の総額を信託銀行に一括で入金し、建築工事の出来高に応じて(完成した部分にだけ)、建築資金が信託銀行から工事業者に支払われる制度です。このことにより、工事業者が倒産したとしても、工事代金が余計に支払われるリスクを回避できます。さらに、この制度には、完成保証という制度が付加されていて、工事業者が倒産しても、残りの工事を別の業者が完成させてくれるという、まさに、万全の制度であります。

  詳しくは、以下のHPをご覧になってください。

   http://www.sumaito.com/index.html

 

 

 

 

 

 

 

このコラムに類似したコラム

最近の決済 信戸 昌宏 - 建築家(2016/05/06 12:00)

フラット35勉強中です。 信戸 昌宏 - 建築家(2015/02/16 12:00)

「パッシブデザインコンペ入選」 清水 康弘 - 工務店(2014/10/31 17:56)

「建築業経理の資格」 清水 康弘 - 工務店(2014/10/06 16:35)

「宿場町」 清水 康弘 - 工務店(2014/09/22 14:40)