1.人が生まれる奇跡(1) - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

松山 淳
アースシップ・コンサルティング コンサルタント/エグゼクティブ・カウンセラー
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

1.人が生まれる奇跡(1)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般
ビジネスエッセイ

人が生まれる奇跡



「ビジネスは人対人である」
  
科学技術がどれだけ発展しても、ITがどれだけ進展しても、
ビジネスが人と人とのつながり、かかわりがあって成立することは
少し考えると誰もが首を縦にふることだと思います。

人生の先輩たち、または、故人となった名経営者たちは、
人への深い洞察と理解の大切さを強く訴えています。

なぜなら、人を大切にすることが
ビジネスを成功へと導く大事な要素であることを
身を切るような体験をして、体得していたからだと思います。

ですが、「人を大切にする」ことは
厳しいビジネスの現場にいると、
どこか理想論のように聞こえます。

成果主義とは人の待遇に差をつけることです。
セクハラはありますし、パワハラなどという言葉も生まれました。
また、まるで小学生のような「いじめ」をしている
心のない社会人・大人がいるのも悲しむべき事実です。

職場には複数の人がいて
どうしても「好きだ嫌いだ」という感情論で行動しがちです。

人は感情的な存在であることは心理学では常識。
人の行動は感情に大きく左右されます。
ですから、心ない行いが生まれてくるのは
悲しいかな、ある意味、当然と言えば当然です。

とはいっても
「人を大切にし、尊重し、その可能性を信じる」
といったことが、組織風土となっている企業があることも事実です。

そんな会社では常日頃から人について真剣に考えている
経営者、役員、管理職が多いことは
恐らく間違いないと思います。

例えば、こんな話をよく知っていると思います。
  
堀場製作所の創業者堀場雅夫氏が書いた
『イヤなら辞めろ!』(日本経済新聞社)という本に
書かれてあったコトです。

人がこの世に生まれてくる確率についてです。

                    つづく・・・

EARTHSHIP CONSULTING