畳からフローリング - リフォーム・増改築全般 - 専門家プロファイル

納谷建築設計事務所 主宰
神奈川県
建築家
044-411-7934
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:リフォーム・増改築

田中 徹正
田中 徹正
(リフォームコーディネーター)
田中 徹正
田中 徹正
(リフォームコーディネーター)
木下 泰徳
(アップライフデザイナー)
木下 泰徳
(アップライフデザイナー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

畳からフローリング

- good

  1. 住宅・不動産
  2. リフォーム・増改築
  3. リフォーム・増改築全般
406
タイトルは「#406」。

これは、マンションの一室です。
納谷事務所では、マンションのリノベーションプロジェクト名を部屋番号にしています。
つまり、「#406」は406号室という意味です。

「#406」は、築31年のマンションの一室を若い世代に向けて賃貸住宅として貸すために計画されました。当時の間取りは、畳の部屋が3室。
しかも南側にありましたから、北側のキッチンは暗く、狭い使い方になっていました。

我々は、最初に子割の畳の部屋を一つの大きな空間にまとめ、フローリングを貼りめぐらしました。

そして、部屋半分をパブリック性の強いLDKとして、残りの半分をプライバシーの強い寝室や浴室周りのスペースとしました。

プランの中央にあるのが玄関です。

ここでは、改装前の既存の平面と改装後の新しい平面を用意しました。畳からフローリング、時代の変容を感じます。

住宅は、その時代の生活様式や習慣を反映しますから、20年、30年経過すると単なる老朽化というよりも、現代の生活に合わせた住宅が求められます。

リフォームは既存の計画をそのまま維持しますが、それより一歩も二歩も踏み込んで、生活自体のあり方を変えるための計画をリノベーションと呼んでいます。

畳からフローリングというのはあくまでも象徴的な意味で使っているだけですから、畳からフローリングに変えたからリノベーションなのではないのです。誤解のないように。

補足ですが、今のところプロジェクト名(部屋番号)が重なったことはありません。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 建築家)
納谷建築設計事務所 主宰

家は住む人のもの。芸術でも、敷居の高いものでもありません

日本の街並み、住環境を豊かな空間に変えたい。建築が出しゃばることなく住む人のための住宅を提案したい。皆さんの家への願いを最短かつ最適に適えたい。だから僕らに遠慮なく何でも話してください。住宅はあなたのものなのですから。※僕が納谷兄弟の兄です

044-411-7934
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「406」のコラム

欠点は補うだけではなく(2006/11/26 00:11)

部屋に橋(2006/08/24 00:08)