脳心理学に基づいた英語の教え方-1 - 英語全般 - 専門家プロファイル

Super World Club 代表
カナダ留学専門家・英語教育者

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:英語

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

脳心理学に基づいた英語の教え方-1

- good

  1. スキル・資格
  2. 英語
  3. 英語全般
Educational Psychology

脳心理学・発達心理学に基づいて英語を教えるということ

まとめてみました。

英語を教えるということ = 正しく言語を教えること

正しく言語を教えること = 正しく脳を発達させること

正しく脳を発達させること = 正しい環境を作ること

正しい環境を作ること = 正しい教え方をすること

  どんどん元に戻ってしまいますね。 この堂々巡りをする過程にある「正しく言語を教えること」と「正しく脳を発達させること」、これが鍵を握っているのです。 まずは「言語」と「脳」の関係を理解しないと何も始らないようです。

言語とは

 他の動物にない能力、人間だけが有する能力、それが「言語」だと言われています。 その「言語」とは単なる音を発して仲間に危険を知らせるという単純なものではありません。 Phoneme(単体としての音), syntax(文法), semantics(語彙)をもち、それを組み合わせることにより無数の意味を持たせ、意志の疎通を図るのが「言語」の定義です。

 逆から言うと、発音がうまく出来ず、使える語彙も限られ、正しい文法を使うことが出来ないと、人間としての能力を最大限利用出来ていないことになります。 例えば口頭で表現するのが苦手な人、自分の意見をうまく書き言葉で表現出来ない人は、その苦手な言語能力そのものが「脳」の能力であることになってしまいます。 いかに「脳」でものを考えていても、それを表現する言語能力がなければ伝える手段がありません。 言語能力が頭脳の限界であるという結論にたどりつきます。

 全国学力調査の結果によると、日本の子供には読み取る力がかなり不足しているそうです。 日本の子供を見ているとそんなことはずっとわかりきったことなのに、今更何を慌てているのかという感想ですが、特に次のような問題への正答率が危機的に低いということです。 「グラフの情報から分かったことを基に意見を書く。」  なんと正答率は小学校6年生33.0%、中学3年生54.3%です。

 「言語」で表現出来ないようですね。 専門家の意見では、「語彙や言葉を言い換える力が不足している。」とか。 困りましたね。 しかも、文科省は現在もまだ「力の付け方」を模索している・・・とか。 専門家は声を高らかに、「しっかり書かせよう!」と言っていますが、何のノウハウもないようです。

 そんな母国語の能力しかない日本の子供たちが、同じ「人間の言語」である英語を正しく習得するのは恐ろしく難しい試練に思えてきました。  しかし、日本の子供のために気を取り直して先に進みます。

脳の発達

 日本の教育はどこで間違えてしまったのでしょうか。  いやいや教育だけのせいではないと思います。 親が子供を知らなさすぎる。 これも原因だと思います。 そんな親や、教育制度を作り実施する政府や学校の存在する社会も、大きな間違いを犯して来たと思います。

 「脳」の発達、特にCognitive Ability(考える能力)の発達を理解せずには「言語」は教えられません。 子供が母国語のひとつひとつの音(Phoneme), 文法(syntax), 語彙(semantics)を習得するのは「脳」のCognitive Ability が発達するからです。 そのCognitive Abilityは子供の年齢に応じて段階的に発達して行きます。 ですからそれぞれの段階に最良の環境を作ることがまず最重要になるわけです。

2に続く

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(カナダ留学専門家・英語教育者)
Super World Club 代表

カナダ留学・ボランティアにいらっしゃい!

カナダ高校留学・大学留学・大学院留学・政府認証ボランティア体験のカウンセリング及びサポート。 Canada 在住。

カテゴリ 「Educational Psychology」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

メール相談 自宅で子供に英語を教える方法 -Big John Math を使って

[えいごの宿題] Big John Mathを使うと - 自宅が世界レベルの英語教室に

料金
2,000円

大澤眞知子がカナダの数学専門家と共同開発した教材Big John Mathの使い方指南。 
お父さんお母さんが英語の先生。 発達心理学注目の新しい教育法で、自宅が世界レベルの英語教室に。  
英語の基本がコンピュータープログラムでどんどん脳に入って行きます。 
親子で点数とタイムを競うのも楽しい。 
 
英語教室の先生や、学校の英語の先生が教材として使う場合も相談可能です。

自宅で子供に英語を教える方法 -Big John Math を使って

このコラムに類似したコラム

脳心理学に基づいた英語の教え方ー2 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2012/06/10 00:49)

日本の子供の脳に英語領域を作る方法 - Big John Math 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2013/04/07 17:48)

Critical Thinking 入門コース (6週間無料オンラインコース) 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2012/10/17 21:08)

脳心理学に基づいた英語の教え方ー完結編 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2012/06/20 21:53)

脳心理学に基づいた英語の教え方ー8 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2012/06/20 21:50)