こどものお小遣いの相場は? - その他教育資金・教育ローン - 専門家プロファイル

森 久美子
エフピー森 代表 
神奈川県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:教育資金・教育ローン

小川 正之
小川 正之
(ファイナンシャルアドバイザー)
渡辺 行雄
渡辺 行雄
(ファイナンシャルプランナー)
土面 歩史
土面 歩史
(ファイナンシャルプランナー)
平野 直子
(ファイナンシャルプランナー)
森 久美子
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

こどものお小遣いの相場は?

- good

  1. マネー
  2. 教育資金・教育ローン
  3. その他教育資金・教育ローン
子育てとお金(ライフプランから考える子育て)

こんにちは。ファイナンシャル・プランナーの森久美子です。

お金のことは、よく分からないからとあきらめてはいませんか。お金と上手につきあって、ちゃんと暮らしたいと思っているあなたの「マネー力」をつけるためのコラムです。

 

子どもに、いつ頃からいくらくらいお小遣いをあげたらいいのか?

親になるといつかは直面する疑問の1つ。

 

金融広報中央委員会では、学校における金融教育の支援活動の参考とするため、子どものお金にまつわる日常生活

(おこづかい、お年玉、インターネット利用など)、お金に関する意識・行動、金融経済に関する基本的な知識などを、無記名のアンケート方式調査を行い、結果を発表しています。

最近の調査は、平成22年に行ったもので5年ぶり2回目です。

 

結果によると、おこづかいは、小学生の約8割、中学生・高校生の9割弱が「もらっている」と回答。

 

前回調査に比べ、小学校低学年(1-2 年)・中学年(3-4 年)で「もらっている」割合が増加しています。

 

もらっているおこづかいの額は、「月に1回」おこづかいをもらう小学生の場合で、一番答えが多かった金額が「500円」、平均額は896円でした。

 

また、お手伝いのごほうびなどのように、「ときどき」もらっている場合のおこづかい額は、低学年と中学年は100円。

高学年になると1,000円と、一気にあがるようです。

 

森久美子が提案する快適ライフhttp://fpmori.com/

 

森久美子の暮らしレシピhttp://fpmori.blog13.fc2.com/

 

 

 

 

このコラムに類似したコラム

かんぽ生命の学資保険が変わる? 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2012/05/30 12:00)