ビジネス現場における質と量 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
西野 泰広
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ビジネス現場における質と量

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
経営戦略

中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。
今日はビジネス現場における質と量についてのお話です。

ビジネス現場における質と量。最近私の周囲で話題になりました。

ビジネス現場における質とは、一般的には難易度の高さや技術力の高さ、あるいは利益率の高さなどが一つの指標になるでしょう。

ビジネスの量とは、案件の数が一つの指標になるでしょう。

中小企業としては、質と量双方がバランスよく伸びてくれることが望ましいのですが、現実的には難しい。

ならば、やはり質を高めていきたいところですが、そうは簡単に進まない。

となると、ビジネスの量ということになるのですが、一般的にビジネスの量を軽視する傾向にあります。

しかし、ビジネスの量が高まることの意味合いは想像以上に大きいものです。

ビジネスの量が高まることで、社内が活気づき、顧客からの信用も高まる。

ビジネスの量が高まることで、ビジネスの質に対する意識が高まり、顧客からもビジネスの質に対する要望が出てくる。

まずは身近なところからビジネスの量を増やしてみませんか。

浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営戦略」のコラム

多面的な見方(2016/12/07 09:12)

世代交代(2016/11/17 09:11)

このコラムに類似したコラム

自社を知ることの重要性 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/06/17 13:00)

日本サービス大賞のご紹介 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2015/07/14 10:39)

粛々とやるべきことをやる 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2015/04/30 08:37)

KBICシンポジウムのご紹介 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2015/02/14 13:29)

新たな気持ち 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2015/01/05 11:23)