旅行業を始めるときに必要な手続き〜その1〜 - 会社設立全般 - 専門家プロファイル

近藤 総一
雫行政書士法務事務所 
東京都
行政書士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会社設立

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
森 滋昭
(公認会計士・税理士)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

旅行業を始めるときに必要な手続き〜その1〜

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会社設立
  3. 会社設立全般
許認可 旅行業(旅行代理店)
旅行業(旅行代理店)を始めようとするときには、「旅行業の登録」が必要です。
この「旅行業の登録」を受けるには、第1種旅行業については、国土交通大臣、第2種旅行業、第3種旅行業、旅行業者代理業については、都道府県知事の登録を受ける必要があります。

【「旅行業」と「旅行業者代理業」とは?】
旅行業法により登録が必要とされているものに、「旅行業」と「旅行業者代理業」の2種類があります。
この、「旅行業」と「旅行業者代理業」との違いを簡単におはなしすると、パッケージツアーなどの企画をするのが「旅行業」者で、その旅行業者の代理人としてパッケージツアーなどの販売を行うのが、「旅行業者代理業」者ということです。

【「旅行業」の種類とは?】
「旅行業」には、取り扱うことができる旅行業務の内容により、次のように「第1種から第3種」の3種類に分かれます。

(1)第1種旅行業
・海外、国内の募集型企画旅行*1
・海外、国内の受注型企画旅行*2
・海外、国内の手配旅行
・他社実施の募集型企画旅行契約の代理締結

(2)第2種旅行業
・国内の募集型企画旅行
・海外、国内の受注型企画旅行
・海外、国内の手配旅行
・他社実施の募集型企画旅行契約の代理締結

(3)第3種旅行業
・海外、国内の受注型企画旅行
・海外、国内の手配旅行
・他社実施の募集型企画旅行契約の代理締結

ちなみに、旅行業者代理業は、「所属旅行業者が委託する範囲の旅行業務」となります。

【旅行業を始めるときに必要な手続き〜その2〜】へ続きます。
*1募集型企画旅行…パッケージツアー*2受注型企画旅行…オーダーメイド旅行