離婚の際に取り決めるべきこと - 家事事件 - 専門家プロファイル

一途総合法律事務所 弁護士
東京都
弁護士
03-3470-3311
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

鈴木 祥平
鈴木 祥平
(弁護士)
村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
村田 英幸
(弁護士)

閲覧数順 2017年06月24日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

離婚の際に取り決めるべきこと

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 家事事件
離婚の法律相談
こんにちは、弁護士の水嶋一途です。
今回は離婚の際に取り決めておくべきことについてお話します。

離婚に際して、取り決めておかなければならない問題は、大きく分けるとお金の問題と子どもの問題です。
お金の問題としては、財産分与、養育費、慰謝料、婚姻費用、年金分割について、子どもの問題としては、親権、監護権、面接交渉権についてそれぞれ考える必要があります。
未成年の子どもがいる場合、離婚届に親権者を記載しなければいけないので、親権者を誰にするかについて離婚時に必ず取り決める必要がありますが、財産分与や慰謝料は、離婚した後に請求することも可能です。

しかし、財産分与については離婚後2年経過すると請求することができなくなってしまいますし、離婚に伴う慰謝料については通常は離婚後3年を経過すると時効により請求できなくなります。
いざ請求しようと思ったときには、請求できなくなっていたということがないように注意しなければいけません。
また、離婚することを先行させて、後で話し合うつもりでも、お互いの考えが変わったり、連絡をとることすら難しくなったりすることも多々あります。
したがって、離婚の際は、離婚自体の話し合いとあわせて、これらの問題についてできるだけ取り決めておくべきでしょう。

弁護士に相談するなら一途総合法律事務所(東京都港区南青山)
ホームページ http://www.ichizulaw.com/

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 弁護士)
一途総合法律事務所 弁護士

高品質のリーガルサービスで依頼者の利益を護り抜きます

依頼者のお話をじっくり伺い、問題点、解決方法、費用などを、わかりやすく丁寧に親身になって説明いたします。そして、高品質のリーガルサービスで最善の結果が得られるように、常に依頼者の立場に立って問題解決にあたります。ぜひお気軽にご相談下さい。

03-3470-3311
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「離婚の法律相談」のコラム

養育費について(その3)(2008/02/22 18:02)

養育費について(その2)(2007/11/20 00:11)

養育費について(その1)(2007/11/18 00:11)

財産分与について(2007/11/16 00:11)

協議離婚について(2007/08/02 00:08)