配筋検査1 - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

村上 治彦
一級建築士事務所 村上建築設計室 代表
東京都
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

工事監理では設計図通りに
工事が行われているかを確認するために、
いくつかの検査をします。

基礎の鉄筋工事、型枠工事が終わった時点で
「配筋検査」を行います。

鉄筋の径・間隔、鉄筋の重ね長さ、
鉄筋のかぶり寸法、
ベタ基礎底板の厚さなどをチェックします。

写真上は鉄筋の径と間隔を見ているところです。
D13(直径13mm)の鉄筋が10cmの間隔で
配筋されているのが分かります。

写真下右は鉄筋のかぶり寸法を見ているところです。
かぶりとは鉄筋と型枠との離れ寸法です。

写真下右は土に接する部分で
かぶり寸法は70mm必要でOKです。

また、同じ部位でも土に接する部分と
接しない部分とではかぶり寸法が異なります。

写真下左は土に接しない(外断熱部分)部分で
かぶり寸法は50mm必要でOKです。


このコラムに類似したコラム

基礎配筋検査 松永 隆文 - 建築家(2014/01/30 13:55)

基礎のコンクリート打設 松永 隆文 - 建築家(2013/09/24 17:32)

配筋検査 松永 隆文 - 建築家(2013/09/19 19:00)

02 軟弱地盤を改良する。 青沼 理 - 建築家(2013/01/12 14:01)

鉄骨検査 久和 幸司 - 建築家(2012/05/14 18:07)