遺族年金の男女格差 - 生命保険の加入・見直し - 専門家プロファイル

森 久美子
エフピー森 代表 
神奈川県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:生命保険・医療保険

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

遺族年金の男女格差

- good

  1. マネー
  2. 生命保険・医療保険
  3. 生命保険の加入・見直し
保険(万一のときに役立つ保険)

こんにちは。ファイナンシャル・プランナーの森久美子です。

お金のことは、よく分からないからとあきらめてはいませんか。お金と上手につきあって、ちゃんと暮らしたいと思っているあなたの「マネー力」をつけるためのコラムです。

 

昨日は、公的な遺族年金について、取り上げました。「生命保険に加入する前にすること

 

お読みくださった方の中で、一家の大黒柱が妻だったら遺族年金はどうなるんだろう?と思われた方もいらしたのではないでしょうか。

 

実は、遺された人であれば、誰でも遺族年金が出るわけではないのです。

 

特に遺族基礎年金(国民年金)は遺族の範囲が狭く、子のある妻か、子だけです(この場合の子とは、障害がなければ18歳になった年の年度末までの子です)。

 

正社員で共働き、子はいない夫婦の場合で考えてみましょう(妻の年収は850万円未満とします)。

 

子どもがいなかったとしても、夫を亡くした妻は、その時30歳以上であれば、再婚しない限りずっと厚生年金から遺族厚生年金支給されます。

 

逆に妻が亡くなると、妻を亡くした夫は55歳以上でなければ、遺族厚生年金は支給されません(支給されるのも60歳からです)。

当然、国民年金からの遺族基礎年金のもらえません。

 

忘れがちですが、妻の収入が家計を助けている場合は、むしろ妻の死亡保障を生命保険でカバーする必要がでてきます。その理由は、公的年金の仕組みが残された夫に手薄なためなんですね。

 

現在のように夫婦共働きの家庭が増えてくると、男女格差が気になりますね。

 

 

森久美子が提案する快適ライフhttp://fpmori.com/

 

森久美子の暮らしレシピhttp://fpmori.blog13.fc2.com/

 

このコラムに類似したコラム

生命保険に加入する前にすること 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2011/12/16 09:00)

法人契約の生命保険の考え方 大泉 稔 - 研究員(2016/08/01 22:58)

執筆しました&載りました 大泉 稔 - 研究員(2016/07/18 08:21)

【金融庁も手数料稼ぎに目を付けている!】円高でも外貨建て保険には入ってはいけない 久保 逸郎 - ファイナンシャルプランナー(2016/07/08 12:26)

ソンする保険、トクする保険とは 矢崎 雅之 - ファイナンシャルプランナー(2015/07/18 12:00)