そのターゲットは本当に存在するのか? 2 - 新規顧客開拓 - 専門家プロファイル

うえた さより
株式会社ローズ・ウェッジ 代表取締役 カラーアナリスト・コンサルタント
マーケティングプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:販促・プロモーション

青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
福田 幸治
福田 幸治
(クリエイティブディレクター)
岡星 竜美
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

そのターゲットは本当に存在するのか? 2

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 販促・プロモーション
  3. 新規顧客開拓

パート1の続きがありました。よくターゲットをイメージして・・・と言われますね。私もセミナーでポロッと言ってしまいます。いえ、イメージしたり想像したりするのは正しいのですけど。

ありえない幻のターゲットをイメージしてはいけないですね。この話もその続きになります。

ある女性の経営者がエステやネイルサロンを経営されていて、併設してヘルシーな健康食が売りのレストランを作りました。一度はおつきあいで行きましたが・・・。

「昼のランチが高い〜」

という気がしました。このエリアだと、サラリーマンのランチの平均価格は600~650円です。彼女のレストランは倍以上の¥2,100です。

駅前のホテルのランチバイキング、ビュッフェでも、1,500円くらいがふつうです。私が「高い〜」と感じるのもムリはないでしょう。

オープンした頃は、テレビが取材をしてくれたり、メディアにのったりとそこそこお客さまが来店してくれたそうなのですが、一段落するとリピーターが現れず・・・。彼女はスタッフのみんなに支払う給料にも困りはててきました。

私への直接な依頼ではなかったのですが、私の知り合いが私の著書を彼女にプレゼントし、「もう一度、ターゲットやメニューなどの価格設定を考えなおしてみてはどうだろうか?」と勧めたそうです。

彼女は、昼のランチ、¥2,100を支払うくらいの「セレブ」がいると思ったそうです。

今は、コンセプトから見直されているようです。もっと現実的に、「ターゲットはいったい誰なのか」考え直しているそうです。




このコラムに類似したコラム

購買動機の本質とは(3) 平岡 美香 - マーケティングプランナー(2013/10/16 17:18)

SUN流社会人のコラム「自社商品価値をお客様に認めてもらうには?」その② 波田野 英嗣 - 経営コンサルタント(2012/12/02 21:34)

ピンク色はどこまでビジネスに通用するのか? うえた さより - マーケティングプランナー(2012/06/16 19:52)

億単位、稼ぐ人の頭とは? うえた さより - マーケティングプランナー(2012/05/04 08:00)

あなたの会社、お店が「地元発信」の基地となる うえた さより - マーケティングプランナー(2012/05/02 09:58)