郵政民営化のポイント<かんぽ生命の政府保証> - ライフプラン・生涯設計 - 専門家プロファイル

山本 俊成
株式会社ファイナンシャル・マネジメント 
東京都
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

郵政民営化のポイント<かんぽ生命の政府保証>

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. ライフプラン・生涯設計
郵政民営化のポイントの続きです。

今回は「かんぽ生命の政府保証」についてです。

簡易保険については民営化前に契約した簡易保険商品については満期まで政府保証がありますが、''民営化後のかんぽ生命保険と契約した商品に関しては他の保険会社と同じく生命保険契約者保護機構による補償''になります。

政府保障が全額保証であったのに対し、生命保険契約者保護機構による補償は責任準備金の90%までとなります。
御注意いただきたいのは、補償されるのは責任準備金の90%までであり、保険会社破綻の際、責任準備金ガカットされることで死亡保険金、入院給付金等が減額になる可能性があります。
また、予定利率が引き下げられることで満期保険金が減らされる可能性もあります。

今までは政府保証によって全額保証されることが大きな魅力だった簡易保険も、保証制度に関しては他の生命保険会社と横並びになりました。

今後、簡易保険を検討する際はこのことも勘案する必要があります。


FP山本俊成へのご質問・ご意見・ご相談はこちらをクリック