フリーランスの報酬について (Q&A回答続き) - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

代表取締役
社会保険労務士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

フリーランスの報酬について (Q&A回答続き)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
Q&A番外編 フリーランス
 【対象Q&A】 ''フリーランスの報酬について''

bonjourparis さんは育児の状態が止み次第、本来のフルタイム勤務が予定されているという契約内容であれば、入社時の勤務時間がフルタイム時の 3/4 未満 であったとしても、社会保険事務所にその旨を説明すれば、加入に柔軟に対応してくれるものと思われます。 ただ、これは (保険料負担の発生する) 先方会社の理解を得ることが前提です。 もしこのあたりの交渉余地があるようでしたら先方に打診されてみてはいかがでしょう。

(もっとも上の勤務時間の前提は私の勝手な想定によるものなので、実際の勤務条件と会社のフルタイムの勤務時間に置き換え、加入の適否を今一度ご自身で確認してみてください。 条件によっては要件をクリアし、上のような問題を考える必要もなく「加入」と判断できるかもしれないので …)

【質問−2】
2ヶ月間は、仮契約で、その後本契約の予定です。 この2ヶ月だけをフリーランスで契約した場合、現在加入している、主人の扶養枠は、いくらまで可能ですか?  給料所得では無い場合、38万なのでしょうか?

回答と解説


お話のとおり、フリーランスでの契約であれば、扶養の適否は 所得額38万円(年間) で判断します。 (すでにご覧いただいてるかもしれませんが) 詳細は下Q&Aをご参照ください。

 【参考Q&A】 ''妻の起業について''

あと余談ですが、本採用までにあえてフリーランス(仮契約?)の期間を設ける必要性について付け加えておきます。

  ⇒⇒⇒ ''続きはコチラ''

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(社会保険労務士)
代表取締役

『提案力』 『コミュニケーション力』 に自信アリ

中堅中小企業の頼れるアドバイザーとして経営上の広い課題に横断的に対応します。経営者との良い協働関係を通じ、常に有益なツールや情報をご提案し、会社利益に積極的に貢献するとともにお客様の満足を超えるパフォーマンスのご提供に全力を尽くします。

カテゴリ 「Q&A番外編」のコラム