NNボックス着工 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

有限会社パルティータ 代表
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

NNボックス着工

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
多世帯住宅:NNボックス
当事務所で設計した多世帯住宅:NNボックスの工事が始まりました。
当方コンセプトの「永く住むためのフレキシブルな家」を実践しています。
このシリーズでは、NNボックスの設計の考え方を解説しながら、現場監理状況を紹介したいと思います。


敷地・環境


NNボックス敷地は、東京都杉並区の1種低層住専(建ペイ・容積:50/100%)の古くからの閑静な住宅地で、増改築を繰り返してきた既存住宅を解体し、新築する計画です。
風致地区に指定されたエリアで、建物外壁は隣地境界線から1.5M、道路から2m離すことが求められ、建ペイ率は40%に押さえられます。
敷地の東面が、幅4mの道路に接しています。
 

入居世帯構成


建物は、
・祖母
・孫:兄家族:夫婦+幼児
・孫:弟家族:夫婦
の3世帯が入居し、将来孫の親夫婦が入る可能性もあるという、大家族のための住宅です。

上記3世帯の他、予備スペースを含め、4区画とし、各区画の床面積を16〜18坪、全体の面積70坪程度が要望されました。
予算から考えると、延べ床面積70坪とするとかなりローコストにする必要があるので、予備スペースを将来増築可能なスペースとして、当初は3世帯分の計画をしてはどうかと提案したのですが、結局4区画として計画を進めることになりました。

1区画(世帯)16〜18坪というのは、夫婦だけならともかく、子供ができ、子供が大きくなったら、かなり窮屈になります。


写真は、既存建物解体後の敷地、南西から北東方向に撮影
塀の奥が、東側の前面道路

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(建築家)
有限会社パルティータ 代表

庭を取り込む心地良い空間、永く住むためのフレキシブルな家

家づくりは、建て主にとっても、とても手間がかかることですが、苦労した結果、建物が実際に形となり、できあがっていくのは、本当に楽しいものです。遠い将来、この家に住んで良かった、と感じてもらえるような、家づくりのお手伝いをしたいと思います。

カテゴリ 「多世帯住宅:NNボックス」のコラム

NNボックスの家族構成(2007/10/17 15:10)