お金をかけない省エネ照明1 - CSR・環境経営 - 専門家プロファイル

小林 幹夫
有限会社 電気の問題解決 
静岡県
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
福岡 浩
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

お金をかけない省エネ照明1

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. CSR・環境経営

お金をかけない照明の省エネのやり方を考えていきます。

まず思い浮かぶのがランプの間引きでしょう。でも皆さん間引きしすぎてませんか?ちゃんと照度を測っていますか?JIS照度基準で一般事務所の場合300~750lx必要ですし、新JISだと750lxのはずです。照明学会でも最低500lxは必要と言っていますが、伺う会社皆真っ暗って感じです。

私のやり方ですが、事務所の場合まず昼光が差すところから間引きます。次に作業者のいないところ。基本的に机の上は間引きませんが、必要でしたら3台に1台の割合で間引いてください。

それ以上だと机にスタンドが必要になります(タスク・アンビエント方式)、その場合でも天井照明は300lxは必要です。ニュースで天井照明を全部消してLEDスタンドのみの会社が紹介されていましたが、作業能率とスタッフの目が心配です。

お店ですと、絶対消してはいけないのが奥と左右の壁面です。これを消すとお店が必要以上に暗く感じます。

前のコラムでお話しいましたが、間引いてはいけないランプが沢山あります。必ずメーカーに確認してください。

一般的なランプで間引けるのは、

HFインバーター専用のFHF32EX・・・ランプは、一本抜けば保護回路が働き消灯します。でも2灯用器具は2本とも抜いたほうがいいですよ。

ラビットスタートランプFLR40・・・・・・も間引けます、でも2灯用器具は必ず2本とも抜いてください。

電球や電球型蛍光灯ランプは間引けます。

グロー式ランプFL40・・・・は、機種によりさまざまなのでお勧めしません。電源を抜くか、スイッチで消してください。

基本は、スイッチによる消灯です。

 

 

このコラムに類似したコラム

お金をかけない省エネ照明26 小林 幹夫 - 経営コンサルタント(2011/08/08 09:00)

お金をかけない省エネ照明4 小林 幹夫 - 経営コンサルタント(2011/07/09 18:00)

電力不足解消は家庭の省エネから4 小林 幹夫 - 経営コンサルタント(2012/06/01 10:00)

倉庫省エネ工事の結果 小林 幹夫 - 経営コンサルタント(2012/04/27 20:00)

今週末の67%削減倉庫照明工事 小林 幹夫 - 経営コンサルタント(2012/04/24 22:00)