省エネのため蛍光灯ランプを外していいの? - CSR・環境経営 - 専門家プロファイル

小林 幹夫
有限会社 電気の問題解決 
静岡県
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

省エネのため蛍光灯ランプを外していいの?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. CSR・環境経営

省エネ・節電のためスイッチで消すのではなく、ランプを抜いている事務所・店舗多いですよね。

「あれって安全ですか?」よくそういう質問をされます。

答は「機種によってはだめです。」です。

機種によって、電力損失が大きかったり・安定器が温度上昇したりして危険な場合もあり、よく調べてからにして下さい。

ただ一般的に使われっているランプ、ラビットスタート型FLR40・・とHFインバータFHF32EX・・の器具は電力損失はありますが外して使用できます。

HFインバータは1本外せば保護回路で消灯します、ラビットスタートの2灯用器具は必ず1本ではなく2本とも抜いてください。

スターター型FL・・・・ランプは基本的に外さないほうがいいです。40W低力率器具は問題ないですが、40w高力率器具は電流値が高くなるので、電源の切断・スイッチによる消灯をお勧めします。

でも本当は、器具内で電源を切るか、スイッチoffが理想ですね。

 70年代石油危機の時、安易な間引き点灯より作業ミス・能率低下・不快感を招いた経験があり、必要な照度を確保して省エネしたいものです。

このコラムに類似したコラム

お金をかけない省エネ照明66 小林 幹夫 - 経営コンサルタント(2011/10/09 09:00)

お金をかけない省エネ照明50 小林 幹夫 - 経営コンサルタント(2011/09/01 09:00)

お金をかけない省エネ照明38 小林 幹夫 - 経営コンサルタント(2011/08/20 09:00)

お金をかけない省エネ照明34 小林 幹夫 - 経営コンサルタント(2011/08/16 09:00)

中堅・中小企業の海外における安全対策セミナーのご紹介 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/10/18 10:27)